SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

テレビCMの広告効果に影響を及ぼす4つの要素を可視化【サイカ・フジテレビ調査】

 フジテレビジョンとサイカは「テレビCMの効果」に関する共同研究を行った。

 同研究では、サイカの保有する75社109ブランド249事例を統計処理した分析データを解析することで、テレビCMの広告効果に影響を及ぼす要素を可視化した。

 同研究の結果、テレビCMの広告効果に影響を及ぼす要素として「波及効果」「残存効果」「ブランド蓄積効果」、そして「直接効果」を含めたコンバージョン(CV)獲得インパクトをあらわす「総合効果」が挙げられた。

 具体的には、テレビCMの波及効果により、カスタマージャーニーにおける重要指標「指名検索数・店頭販売率」を押し上げる効果が高く、後方支援的役割をあわせもつことがわかった。また、残存効果により、テレビCM放送から購買までのリードタイムが長くても、テレビCMの高い訴求力がブランドを想起させ、購買に導くことが明らかになった。

 さらにテレビCMのもつブランド蓄積効果によって、短期で獲得したCV数の+65~70%を長期で獲得できるなど、 長期にわたって生活者の購買行動をリードしていることが判明した。

 加えてテレビCMの総合効果により、動画広告の約5倍のCV獲得を実現。ターゲティングによって効率的運用ができるネット広告と組み合わせることで、さらに効果的な展開が可能になることが示唆された。

【関連記事】
オン/オフ統合マーケティングを一気通貫で支援へ フルスピードとサイカが業務提携
サイカとGMO NIKKOが業務提携 企業のオン/オフ統合マーケティングの一貫した支援へ
サイカ、脳波解析とデータサイエンスでテレビCMのクリエイティブ効果を可視化するサービス提供
フジテレビ、海外バイヤー向け番組販売システム「JET」を運用開始 他社のセラー登録に向けた開発も
フジテレビ、GeoEdgeを導入 FNNプライムオンラインの広告クリエイティブの品質管理を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/20 09:45 https://markezine.jp/article/detail/37344

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング