SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユナイテッドアローズが富裕層向けサービスの拡充へ サービスデスクを開設しパーソナライズした接客を実施

 ユナイテッドアローズは2021年10月1日に「プライベートサービスデスク」を開設し、富裕層の顧客に向けた各種サービスを拡充する。

ユナイテッドアローズ オンラインストアのサイトTOP

ユナイテッドアローズ オンラインストアのサイトTOP

 同サービスデスクでは「ユナイテッドアローズ オンラインストア」における年間購入金額が高い顧客に向け、コンシェルジュによる電話やチャットなどを使ったパーソナル対応を実施する。顧客の嗜好やライフスタイルに応じて、同社が展開する全ブランドのラインアップから最適な商品を紹介するほか、スタイリングやアフターケアなどをトータルで提案。オンラインの利便性とパーソナライズした接客サービスを融合させることで、顧客体験価値の向上を図る。

 また同社は“超富裕層”の顧客に向けたサービスの開発も進めている。主軸であるファッション衣料や服飾雑貨にとどまらず「衣・食・住・遊・知」の多岐に亘ってライフスタイルを提案し、LTVの向上に取り組んでいく。

【関連記事】
ユナイテッドアローズ、法人向けコンサルティングサービスを開始 商品提案やブランド力向上の支援へ
ユナイテッドアローズ、ECを主販路にした新ブランド「CITEN」展開
パーソナルスタイリングサービス「DROBE」にユナイテッドアローズが参画 対象アイテムの拡充へ
大手アパレル企業の収益回復度合いにばらつき 西松屋、しまむらは好調【フルカイテン調べ】
See you soon、アパレル特化型のインフルエンサーマーケティングパッケージを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/24 14:45 https://markezine.jp/article/detail/37365

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング