SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スイッチメディアが「テレビ注視データ」の提供を開始 視聴質を考慮したメディアプランニングを実現

 スイッチメディアは、誰が、いつ、どのチャンネルを注視していたかがわかる「テレビ注視データ」の提供を開始した。

 同社はクラウド型テレビCM出稿分析サービス「SMART」を運営する企業。今回提供するデータは「機械学習による顔認識」「リモコンログ」「音声マッチング」という3つの方式を組み合わせて取得する。

 同社では、テレビに向かって顔が正面を向いていると判定した人を「注視者」と定義。視聴者に占める注視者の割合を示す「注視含有率」と、調査対象者に占める注視者の割合を示す「注視率」という2つの指標でデータを計測する。

 利用企業はこれらのデータを基に、出稿する番組の最適化やクリエイティブの評価などを行うことができる。

【関連記事】
SMNが「Logicad」において音声広告配信の機能を拡充 テレビ視聴データを活用した出し分けを実現
DNP、コネクテッドテレビ視聴データを活用した広告配信サービス「TVBridge Ads」を販売開始
そのテレビ番組、1人で見ている? 複数で見ている?【TVISION調査】
番組の露出効果を分析 阪神コンテンツリンクが楽曲チャートとテレビ関連データから新サービス提供へ
テレビCMの到達状況予測機能を強化 ADK MSが「TV-Navi Advance」の運用を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/06 07:00 https://markezine.jp/article/detail/37446

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング