SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2021 Autumn

売上が約2割伸長!コーセー「ファシオ」に学ぶリブランディングの秘訣


 2021年5月にリブランディングを実施した、コーセーが展開するコスメブランド「FASIO」。同社はメインターゲットとなる20代社員を中心にプロジェクトチームを発足し、全面的に刷新。売上は前年比で約2割(21年5月~7月)伸長したという。MarkeZine Day 2021 Autumnでは、プロジェクトリーダーを務めたコーセーの伊藤理恵氏が登壇。ユーザーインサイトの変化の捉え方や、歴史あるブランドを刷新するうえで、変えること・変えないことをどう判断するべきかを語った。

若年層の価値観に対応するためリブランディングを検討

 20年以上続くブランドであるFASIO。大幅なリブランディングは簡単にできることではない。プロジェクトリーダーを務めた伊藤理恵氏は「FASIOは若年層の価値観の変化に対応せざるを得ない状況だった」と語った。

 韓国コスメや中国コスメが台頭し、ドラッグストアや雑貨店での売り場も外資系のコスメが進出するなど、競合の勢いが増すと同時に、FASIOの直近の売上は伸び悩んでいた。

 また化粧に対する価値観も大きく変化してきている。以前はマナーや画一的な美に縛られていたところから、本来の自分を大切にし、もとの良さを活かす考えが一般化してきたという。

 「自分のまつげや肌を、ある意味では犠牲にしてでも美しく見せなければいけない、盛らなければいけないというよりは、自分自身に心地よくなじむかどうかを重視する考えが強くなっています。このような変化に、FASIOとしても対応しなければいけないと考えました」(伊藤氏)

株式会社コーセー コンシューマーブランド事業部
コンシューマーブランド企画室 商品企画 1課 伊藤理恵氏

仮説の説得力を強めるために、顧客の声に耳を傾ける

 伊藤氏はリブランディングを実施するにあたり、3つのステップを踏んだと語った。

 ステップ1は現状把握だ。FASIOはドラッグストア・GMS市場の低価格帯で戦ってきたブランド。年齢で区切ったターゲティングはせず、コアバリューには「きれい、ずっと、つづく」を掲げてきた。そして、シンプル・スマート・カジュアル・洗練としたイメージという情緒価値、徹底的なラスティング(落ちにくい)処方という機能価値を強みに展開していた。

 こうしたことを整理し、伊藤氏は自身が感じる課題点を書き出した。マルチチャネル、オムニチャネルが普及し始めた今は、もはやGMSやドラッグストアという市場だけで戦う枠組み自体が古いのではないか。落ちにくさを謳うコスメは増えており、ラスティング処方だけでは機能的な価値は感じてもらえないのではないか。魅力に欠ける、一貫性がないといったイメージを持たれているのではないか、など整理した内容と現状の乖離を仮説立てていった。

 ただ、これらはあくまで主観であり、裏付けがない。「当然、社内の関係者を納得させることはできなかった」と伊藤氏は語った。そこで、定性調査や定量調査を用いて顧客の声を収集した。

 「売上は伸び悩んではいたものの、FASIOは弊社内で売上トップレベルを誇るメイクブランド。なので、今のお客さまの声をおざなりにすることはできません。調査ではこれから獲得したい若年層だけでなく、これまで購入いただいた方々の声も拾えるよう設計しました」(伊藤氏)

 実際に調査を開始すると、20代のFASIO非購入者からは「母親のブランド」「どんな顔になるかわからない」「落ちないのは当たり前」、20代購入者からは「レジに行くまでのテンションが下がる」など、“落ちない”という価値がコモデティ化し、FASIOのコアバリューがもはや強みになっていない現状が浮き彫りになるような意見が多数上がってきたのだ。

 「この調査を実施して思ったのは、お客さまの生々しい声をそのまま社内にも伝えることが非常に大事だということです。ブランドに思い入れをもっている、ある意味では固定観念があることも、長い間在籍していると起こりがちです。そのような人たちを動かすには、お客さまの実際の声を、忖度なしに伝えるのが一番効果的なのだと思います」(伊藤氏)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「得られるものの最大化」だけでなく、「失うものの最小化」も重要

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day 2021 Autumn連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

水落 絵理香(ミズオチ エリカ)

フリーライター。CMSの新規営業、マーケティング系メディアのライター・編集を経て独立。関心領域はWebマーケティング、サイバーセキュリティ、AI・VR・ARなどの最新テクノロジー。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/24 11:40 https://markezine.jp/article/detail/37463

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング