SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TVISION INSIGHTS、テレビCM出稿のワンストップな支援を開始 “視られている量”を活用

  TVISION INSIGHTSは、テレビCM枠のバイイングを含む「テレビCMワンストップサービス」の提供を開始した。

 同社は家庭に設置した人体認識技術搭載機器を通じてテレビ番組・CMの「視聴態勢データ」を取得し、企業向けに視聴分析サービスを提供する企業。今回提供を開始するサービスでは、同社が保有するデータを使ったプランニングからバイイング、振り返りまでをワンストップで実施する。

  プランニングでは、視聴態勢データを用いてテレビの「視られている量」を可視化する分析ツール「Telescope」を活用。性年齢に加え調査パネルから聴取したアンケート属性をかけ合わせ、よりターゲットに近い属性を設定する。その属性が視ていた放送局や時間帯、番組名を特定し、テレビCMのプランニングを行う。

 バイイングでは、SASを中心としたテレビCM枠の販売代理サービスを提供。振り返りにおいてもTelescopeを活用し「ターゲットセグメントが出稿枠を視ていたのか」「過去キャンペーンや競合ブランドと比較してどうか」などの観点で検証をサポートする。

【関連記事】
スイッチメディアが「テレビ注視データ」の提供を開始 視聴質を考慮したメディアプランニングを実現
SMNが「Logicad」において音声広告配信の機能を拡充 テレビ視聴データを活用した出し分けを実現
番組の露出効果を分析 阪神コンテンツリンクが楽曲チャートとテレビ関連データから新サービス提供へ
テレビCMの到達状況予測機能を強化 ADK MSが「TV-Navi Advance」の運用を開始
unerryとテレシー、テレビCMと位置情報を連動させた広告サービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/07 14:45 https://markezine.jp/article/detail/37467

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング