SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』生活者データバンク

バーチャル家庭訪問で海外のインサイト発掘

 本記事では、インテージが保有する住居内の360度画像データから、発展著しい中国生活者の暮らしぶりを浮き上がらせていきます。特に、本分析では中国でも最も経済発展を遂げている上海の生活者に迫ります。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

コロナ禍でのグローバルリサーチ

 長引くコロナ禍において、海外出張や海外視察のままならない状況が続いています。また、渡航した駐在員も海外現地の医療体制の逼迫を受けて、日本に一時帰国する例も相次いでいます。そのため、海外出張や海外駐在員を介した海外生活者に関する生の情報の取得が難しくなっています。

 その一方で、新興国におけるインターネットアクセスや識字率の低さという壁が立ちはだかっていたグローバルリサーチにおいて、インタビューはリモートに、書き取り式のアンケート調査はオンラインアンケートに切り替わるなどデジタル化が加速しています。

 このような環境下において、いち早くコロナ禍の影響を脱し、経済的な成長を続ける国が中国です。中国の1人あたりGDPは2020年時点で約10,000USD(世界銀行)ですが、このような平均を示した数字だけで中国の生活者を捉えると、経済発展著しい中国の生活者の実態を見誤ることにつながります。

 今回は、弊社が保有する住居内の360度画像データから中国生活者の暮らしぶりを浮き上がらせたいと思います。特に、本分析では中国でも最も経済発展を遂げている上海の生活者に迫ります。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
上海のバーチャル家庭訪問に見るインサイトと商機

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』生活者データバンク連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

辰田 悠輔(タツダ ユウスケ)

株式会社インテージ 経営推進本部グローバル企画室 マネージャー機械メーカーにて海外営業を担当した後、2011年にインテージに入社。海外リサーチを専門として、「自動車」「ウェブ系サービス」「日用品」「飲料」「食品」と幅広いテーマにおいてクライアントの海外ビジネスを支援。2019年より並行して、グローバルリサーチのデジタル化を推進している。現在は、インテージのオウンドメディア「Global Market Surfer」の編集長を兼任。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/27 07:30 https://markezine.jp/article/detail/37593

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング