SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2021年7~9月、最も再生された動画やチャンネルは?【インフルエンサーパワーランキング】

 BitStarは、インフルエンサーマーケティングの分析ツール「Influencer Power Ranking(IPR)」で独自に集計を行い、2021年7月から9月の期間に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキングを発表した。

最も再生されたYouTubeチャンネルは『Junya.じゅんや』

 2021年7月から9月の間に最も再生されたチャンネルのランキングは、以下の通り。

【調査概要】
調査対象:日本国内のチャンネル登録者数1,000人以上のYouTubeチャンネル
対象期間:2021年7~9月
※端数は切り捨てて表示しています

第1位 Junya.じゅんや

 2021年度上半期のチャンネル総再生数ランキング1位のじゅんやが、7~9月でも引き続き1位をキープ。短尺のショート動画を中心に再生数を伸ばしている。登録者数も日々増え続け、2021年10月上旬に1,000万人を突破した。

第2位 まいぜんシスターズ

 2021年度上半期に引き続き2位にランクイン。「誰もが家族や友達と楽しめる動画を作り、日々の幸せの手助けをすること」を目標に掲げ、ぜんいちとマイッキーの2人でオンラインゲーム「マインクラフト」のプレイ動画を投稿。チャンネル登録者数は200万人を超え、投稿する動画は軒並み100万回再生を突破している。

第3位 Hikakin TV

 YouTube業界をけん引するHikakinがベスト3にランクイン。2021年10月8日に投稿した1,000万人突破記念の動画は600万回再生を超え、2021年18月1日に投稿した「ウ”ィ”エ” ヒカキンVer.」動画は1,400万回再生を超えるなど、王者の貫禄を見せつけた。

 6位ハクマイン、7位ウォーターチャレンジ、8位ばんばんざいは初のTOP10入りとなった。ハクマインはショート動画YouTube Shortsを中心に月100本のペースで動画を投稿。300万回再生を超える動画が多いことがランクインの決め手となった。またウォーターチャレンジはマインクラフト動画が平均70万回再生をキープし続けており、ばんばんざいは、ショート動画の拡散力が順位を押し上げた。

動画1本あたりの再生数1位はかえであーたんファミリーCHANNEL

 2021年7月から9月の間に投稿された動画1本あたりの再生数ランキングは、以下の通り。

第1位 Kaede and Ahtan/かえであーたんファミリーCHANNEL

 公園でのワンシーンを描写した動画が1位にランクイン。「手当てごっこ」のハッシュタグは注目度が高く、2019年末のはねまりチャンネルの動画が1億1,000万回再生を突破している。

第2位 ザ・ホワイトデンタルクリニック

 第2位には、全国に店舗を構える歯科医院「ザ・ホワイトデンタルクリニック」の歯石撃退動画がランクイン。普段見ることができない特殊なシチュエーションが話題を集め、国内外問わず視聴を伸ばしている。

第3位 JCB CARD

 俳優の二宮和也と川口春奈が出演する、JCB CARDの15秒CMが第3位に。JCB通信社の編集長に扮した二宮と、若手エース記者に扮した川口がJCBの魅力を発信する内容で、シリーズものとして続くようだ。

 2021年上半期の動画再生数ランキングでは、TOP10中ミュージックビデオが6本ランクインしたが、7~9月では2本にとどまった。また、1位のかえであーたんファミリーCHANNELや6位のKAMIWAZA Trick Shotの動画では海外の視聴者も楽しめるように字幕が付けられている。今後、日本発のチャンネルも世界を意識して制作する流れが起こる可能性が考えられると同調査は示唆した。

新規開設チャンネル登録者数、1位はLEOの遊び場

 2021年7月から9月の間に投稿された動画1本あたりの再生数ランキングは、以下の通り。

第1位LEOの遊び場【山田涼介】

 第1位は、ジャニーズ事務所に所属する山田涼介が開設した個人チャンネルがランクイン。2021年上半期の新規開設チャンネルランキング1位は二宮和也、中丸雄一、菊池風磨とともに山田も所属するYouTubeユニットジャにのちゃんねるに続き、そのブランド力の高さを示した。同チャンネルは、主に山田が友人とゲーム配信をする内容となっている。

第2位BE:FIRST Official

 日本を代表するラッパー兼音楽プロデューサーのSKY-HIがプロデュースする、ボーイズグループBE:FIRSTのYouTubeチャンネル。メンバーを決めるオーディションの様子から地上波の番組で密着したことで注目度が急上昇。プレデビュー曲の「Shining One」は約1,900万回再生を突破した。

第3位MYの個人チャンネル

 ドッキリ動画などで人気のチャンネルがーどまんのメンバー・MYが立ち上げたチャンネルが第3位にランクイン。MYの好きな車関連の動画が高い再生回数を記録している。

YouTube Shorts再生数ランキングは、ばんばんざいが1位に

 2021年7月から9月の間に投稿された動画で、同期間に多く再生されたYouTube Shortsランキングは、以下の通り。

第1位 ばんばんざい/19歳の妹にいきなり「パンツ見せて?」とお願いした結果...#Shorts

 ぎし、みゆ、るなによる3人組YouTuber「ばんばんざい」が2021年8月2日に投稿した動画。約1,000万回再生されており、るなのリアクションの可愛さに注目が集まった。

第2位 ぴんみん_幼馴染の同棲日記/【いい子すぎると大反響!】出発前、大慌ての彼女。#shorts

 かすみんとぴろみんの幼馴染カップルYouTuber「ぴんみん_幼馴染の同棲日記」が2021年7月31日に投稿した動画。ドライブ出発前のかすみんの慌てる様子とその可愛さから、コメント欄では「何回でもリピ(リピート再生)できる」と話題に。ショート動画ならではの尺の短さも相まって再生回数を伸ばした。

第3位 ゲンキジャパン/【ナンパ】電車の中で声かけたらまさかのwww #Shorts

 ゲンキ、ジュンペー、ちゃんゆうで主に構成されるYouTuber「ゲンキジャパン」が2021年7月5日に投稿した動画。ゲンキのナンパ術を中心とした動画がメインで、その巧みな話術が話題を呼んだ。

タイアップ動画の再生数、寝具が1位に

 2021年7月から9月の間に投稿された動画で、同期間に多く再生されたタイアップ動画は、以下の通り。

第1位 寝具・ブレインスリープ

 第1位には、寝具メーカーのブレインスリープがランクイン。ヒカルをはじめとした人気インフルエンサーからスポーツ系チャンネルまで、幅広いジャンルのインフルエンサーと数多くタイアップしている。ターゲットを問わず誰にとっても必要となる睡眠の質を、全方位からアピールしていることがうかがえる。

第2位 荒野行動

 上半期で1位だったオンラインゲーム・荒野行動が2位にランクイン。ゲーム実況者を中心に盛り上がりを見せ、不動の注目度を維持しています。2021年8月には4つのチームが正式に荒野プロチームとして設立され、記念としてプロチームのテーマ衣装が全プレーヤーに向けて解放された。

第3位 原神

 オンラインゲームの「原神」がランクイン。はじめしゃちょーのサブチャンネルや多くのゲーム実況者とタイアップしており、クオリティの高いキャラクターと世界観が話題となっている。

【関連記事】
2021年上半期、最も見られたYouTube動画やチャンネルは?【インフルエンサーパワーランキング】
2021年のYouTube動画のトレンドがわかる?【インフルエンサーパワーランキング】
BitStar、インフルエンサーを活用した短尺・縦型のショート動画ソリューションの提供を開始
2020年に最も見られたYouTube動画やチャンネルは?【インフルエンサーパワーランキング】
BitStar、YouTube動画視聴者の「認知・態度・行動」を分析する効果測定パッケージの提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/27 10:15 https://markezine.jp/article/detail/37634

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング