SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アダストリア、公式WEBストアに「ZETA VOICE」を導入 購入検討層への情報提供を強化

 アダストリアが運営する公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」に、EC商品検索・レビュー・OMOソリューションを開発販売するZETAのレビュー・口コミ・Q&Aエンジン「ZETA VOICE」が導入された。

 2020年11月25日より「.st」のスマートフォンアプリにて同エンジンの一部機能であるQ&A機能が導入されていたが、今回、WEBサイトおよび、スマートフォンアプリにてレビュー投稿・表示機能も実装された。

 これにより、約200万件のレビューを新しい順/トップ評価で並べ替えて閲覧したり、星の数/サイズ感/性別/年代/身長/体重などから詳細に絞り込んだりすることが可能となった(2021年10月15日時点)。また、レビューによって、より商品のリアルなイメージを持ちやすくなるとともに、購入検討中の消費者にとって有用な情報の提供ができる。また、ブランド・メーカーにとってもユーザーの生の声を得る機会になる。

 なお、「.st」ユーザーはレビューへの関心も高く「レビューの絞り込みができるのがとっても便利」「自分の身長・体重を基準にレビューを検索して考えられるため使い勝手が益々良くなった」などお声も受けている。

 ちなみに、「ZETA CX シリーズ」は現在、EC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」、レビュー・口コミ・Q&Aエンジン「ZETA VOICE」、OMO・DXソリューション「ZETA CLICK」、レコメンドエンジン「ZETA RECOMMEND」、広告最適化エンジン「ZETA AD」、予測・パーソナライズソリューション「ZETA DMP」の6ラインナップがある。

【関連記事】
TSIホールディングス、自社ECサイトに「ZETA VOICE」を導入 レビュー内の表示項目を充実
パルの公式オンラインショップ「PAL CLOSET」、ZETA SEARCHを導入 検索機能を強化
青山商事、洋服の青山オンラインストアなどに「ZETA SEARCH」を導入 検索精度が向上
資生堂「ワタシプラス」がZETA SEARCHを導入 「しわ」など悩みのキーワード検索にも対応
ZETA・サイジニア・デクワスの3社、経営統合にともないブランディングを統一 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/17 13:00 https://markezine.jp/article/detail/37755

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング