SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

よく買う冷凍・レトルト食品トップは「ぎょうざ・しゅうまい」【クロス・マーケティング調査】

 クロス・マーケティングは、全国の20~69歳の男女を対象に「冷凍食品・レトルト食品に関する調査(2021年)」を実施した。

よく買う冷凍・レトルト食品トップは「ぎょうざ・しゅうまい」

 普段よく買う冷凍食品・レトルト食品を聴取したところ、1位は「ぎょうざ・しゅうまい(36.6%)」だった。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

 男女別の傾向を見ると、女性は「弁当のおかず」「野菜」の回答割合が男性に比べて高く、お気に入りの冷凍食品・レトルト食品ではメーカーやブランドを指名する回答も多く挙がった。

男性は主食として利用、女性は時短目的

 冷凍食品・レトルト食品の利用シーンを訊ねたところ「食事の品数を増やしたいとき」が全体1位に。男女別に見ると、女性は「料理する時間がないとき」男性は「主食として使いたいとき」がそれぞれトップだった。

3割以上が電子レンジでの調理可否を選択の基準に

 店で商品を選ぶ時や買った後の気持ちを聞いたところ、4割の人が「時短になるので助かる」や「おいしそうに感じたものを選ぶ」と回答。「電子レンジで調理できるものを選んでいる(35.0%)」など、鍋やフライパンを使わずに調理できることを重視する回答も挙がった。

プライベートブランドの購入経験は全体の約6割

 冷凍食品・レトルト食品を買う時にプライベートブランド(PB)を「買う」「ものによっては買うことがある」と回答した人は約6割を占めた。

【調査概要】
手法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
地域:全国47都道府県
対象:20~69歳の男女
期間:2021年11月12日(金)~2021年11月14日(日)
有効回答数:本調査1,100サンプル
※調査結果は端数処理のため、構成比が100%にならない場合がある

【関連記事】
東西のZ世代を比較/幸福度が最も高いエリアは神戸市、東京都は10位【日本インフォメーション調査】
10月度のテレビCM放送回数、トップは商品別/エリア別ともに「NURO光」【ゼータ・ブリッジ調査】
2021年4~9月、Instagramトレンドのグルメ部門1位は「#チーズ」【パスチャー調査】
リアル店舗とオンラインショップ、どう選ぶ?【ネオマーケティング調査】
主婦ユーザーの4割超が「広告の情報を参考にすることがある」と回答【TikTok調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/17 16:45 https://markezine.jp/article/detail/37801

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング