SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「SNS流行語大賞2021」ノミネート語を発表 頻繁にTwitterでつぶやかれたワードとは?

 イー・ガーディアンは、Twitter上で2021年に頻繁に使用されたフレーズを独自で調査し「SNS流行語大賞 2021」(2021年1月1日~2021年11月12日)のノミネートワードを発表した。

 2021年は30ワードが挙がった。2021年は2020年のように、ひねりやユーモアのあるワードの他、「またしても何も知らない大泉洋」や「飛ぶぞ」などのテレビネタが流行。コロナ禍によるおうち時間の増加やそれにともなうSNSなどと連動した施策が多く行われたことで、テレビとSNSの親和性が高まったと同調査は考察した。

 その他、「マツケンサンバ」や「リカちゃん」のような平成の流行ワードもノミネートされた。

【関連記事】
「SNS流行語大賞2020」の結果を発表 第1位は「StayHome/おうち時間」
「SNS流行語大賞2020」ノミネート語を発表 頻繁にTwitterでつぶやかれたワードとは?
今年のTikTokトレンドがわかる!「TikTok流行語大賞2021」ノミネート30選発表
ZOZO研究所、ファッションの流行変化を検証する大規模データセットと実装基盤をオープンソース化し公開
若年層の流行ランキングトップは「呪術廻戦」!「Ado/うっせぇわ」が急上昇【LINEリサーチ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/19 10:15 https://markezine.jp/article/detail/37806

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング