SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

LINEマーケティング活用最前線(PR)

LINEミニアプリの相乗効果!会員証のデジタル化でROI1,800%を記録した古本市場の販促成果

クーポン配信によるROIは900%!DMと比較にならない効率性

MZ:LINE公式アカウントから配信するメッセージとDMを比較して、クーポンの使用率や再来店されるお客様の数に違いはありますか?

篠原:回収率に関しては、紙のDMのほうが高い状況です。ただ、配信コストに非常に大きな差があるので、ROIはDMが165%、LINEが2,700%と圧倒的にLINEのほうが高い結果が出ています。

 加えて、クーポン配信の工数や労力に関しても、LINEとDMでは比較にならないほどの違いがあります。DMの場合、まず配信対象者のリストを作成するところから始まり、原稿作成・校正・印刷・配送と、約1ヵ月はかかります。対してLINEは、極端な話、「明日クーポンを配信したい」と思ってもすぐに実行できる迅速性があります。

MZ:LINEとメルマガを比較して良かった点は何でしょうか?

篠原:メルマガと比較すると、クーポンの配布・使用状況がわかる点にメリットを感じています。メルマガの場合、テキストでクーポンを作成・付与すると、何度も使用できてしまいます。LINE公式アカウントのクーポン配信機能では使用状況を管理画面から簡単に確認できるので、大きな違いがあります。

 また、メッセージ内のURLクリックについても、概算ではありますが、メルマガと比べてLINEは倍以上の反応があります。

LINEミニアプリを活用し、デジタルポイントサービスも提供

MZ:古本市場では、LINEミニアプリも導入されています。LINEミニアプリを活用し、どのようなサービスを提供されているのですか?

篠原:LINEミニアプリで、ポイントカード機能を備えたデジタル会員証を開発し、2021年2月にリリースしました。お客様は、店頭でQRコードを読み取りLINEを立ち上げていただくだけで、ほぼワンクリックで会員登録を完了できます。

 もう少し仕組みをご説明すると、店舗ごとに開設しているLINE公式アカウントとは別に、ポイントカード会員様向けのアカウントを開設しています。お客様がLINEミニアプリでデジタル会員証に登録すると、自動的にLINE公式アカウントの友だちが追加され、ここでLINEのユーザーIDと会員情報が連携する仕組みです。

MZ:なぜ、ネイティブアプリではなく、LINEミニアプリを選択したのでしょうか?

篠原:ネイティブアプリはダウンロードのハードルがありますが、LINEはすでに多くの人が使っているので、それがありません。

 また、お客様に提供するデジタルサービスを導入する際は必ず、「いちユーザーとして利便性やユーザビリティが良いかどうか」を考えるようにしています。たしかに、ロイヤルカスタマーを自社アプリ内に囲い込むという方法もありますが、ユーザビリティを考慮するとLINEミニアプリが最適でした。

次のページ
9ヵ月で友だち数が32万人を突破!脅威のROIにも注目

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
LINEマーケティング活用最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岩崎 史絵(イワサキ シエ)

リックテレコム、アットマーク・アイティ(現ITmedia)の編集記者を経てフリーに。最近はマーケティング分野の取材・執筆のほか、一般企業のオウンドメディア企画・編集やPR/広報支援なども行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/23 12:00 https://markezine.jp/article/detail/37873

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング