SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プレイドがカスタマーサポート領域に正式参入、新会社設立/2022年1月プロダクトのβ版提供開始

 12月16日、プレイドは、企業におけるカスタマーサポート領域の事業を展開する新会社「株式会社RightTouch」を設立し、問い合わせをする前の顧客をオンライン上で解決に導く「KARTE RightSupport(カルテ ライトサポート)」のβ版を2022年1月より提供開始することを発表した。

 「KARTE RightSupport」は、ウェブサイトなどオンライン上でサポートを必要とする顧客の課題やつまずきを特定するための行動データを可視化し、実際の問い合わせに至る前に課題解決につなげることが特長のプロダクト。

 サイト上で課題がスピーディーに解決するため顧客満足度の向上が期待できる他、コンタクトセンター(以下、CS)への架電削減も実現する。また、問題や不満を抱えても、企業に直接問い合わせはしないサイレントカスタマーの問題解決にも寄与する。

 なお、KARTE RightSupport の開発においては、PoC(概念実証)としてソニー損保やSBI証券のカスタマーサポート業務で実際に利用されている。

 プレイドとRightTouchは「KARTE RightSupport」の開発、提供を通じてCS領域の顧客体験(CX)向上と、業務に従事するオペレーターなどの従業員体験(EX)向上、および、企業のCS部門における事業貢献の可視化を目指す。

【新会社概要】
名称:株式会社RightTouch
所在地:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 10F(株式会社プレイド社内)
代表者:代表取締役  野村修平
設立日:2021年10月27日
事業内容:「KARTE RightSupport」の開発、提供企業
URL:準備中
資本金:10,000,000円(資本準備金含む)(2021年11月末時点)/株主:株式会社プレイド

【関連記事】
電通デジタル、実践型プロジェクトによるDX人材育成とカスタマーサクセス組織構築支援サービスを提供
カスタマーサクセスクラウド提供のopenpage、1億円の資金調達を実施 製品開発への投資を強化
電通デジタルと日立ソリューションズ、サブスクリプションビジネスのカスタマーサクセス支援で協業
接客ツール導入企業の約8割が、カスタマーサクセスの必要性を実感【Repro調査】
プレイドと三井物産、新会社「.me」を設立 データを活用したブランド開発やメーカーのDX推進を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/16 10:30 https://markezine.jp/article/detail/37976

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング