SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「SNS流行語大賞2021」の結果を発表 第1位は「〇〇ッツォ」【イー・ガーディアン調査】

 イー・ガーディアンは、Twitter上で2021年に頻繁に使用されたフレーズを独自で調査し「SNS流行語大賞 2021」(2021年1月1日~2021年11月12日)の結果を発表した。また、流行語を「ゲーム」「漫画・アニメ」「食べ物」「モノ」などにカテゴリー分けした部門ごとのランキングも合わせて公開した。

 2021年度最も多く投稿された(バズった)ワード第1位は「〇〇ッツォ」となった。第2位は「でやんす」、第3位は「八尺様」と続いた。

 第1位となったのは「〇〇ッツォ」。2021年にブレイクしたイタリアのお菓子「マリトッツォ」を様々な形に変形。260万件を超える圧倒的な話題量となった。

 ケロトッツォ、すしトッツォ、マリトッツォ(たまご)、どらトッツォなど、もはや原型をとどめない改変が話題を呼んだ。汎用性の高いワードが大喜利してバズるのはSNSの特徴の1つ。

 第2位の「でやんす」は、赤塚不二夫さんのキャラクター「ケムンパス」やパワプロのキャラクター「矢部君」が元ネタ。昨年後半からYouTuberグループ「ウチら3姉妹」の「とーあ」さんによる「おはようでやんす」という挨拶がTikTok発で大流行。現在は「○○でやんす」という挨拶が若年層を中心に広く使われている。

 第3位の「八尺様」は、2008年に「2ちゃんねる」のオカルト版で登場した怪談に登場する長身(240cm)の女性妖怪。怪談としてのインパクトは強く、毎年夏には一定の話題になるようですが、2021年は「八尺様」をかわいくイラスト化し、注目された。

 続いて、「モノ」「ゲーム」「アニメ・漫画」「食べ物」の各部門の結果から注目すべき点を紹介する。

 ゲーム部門では、アプリゲーム「ウマ娘プリティーダービー」が圧倒的第1位に。各種メディアミックスも注目され、1億件にも届きそうな話題量を記録した。

 アニメ・漫画部門は「PUIPUIモルカー」が第1位に。かわいらしいモルモットのキャラクターが登場する3分未満のアニメですが、風刺的なストーリーや各種パロディが大人にも注目され、「人間は愚か」という感想が複数回Twitterトレンド入りするなど、SNSとの親和性は非常に高かった。

 モノ部門では日清カップヌードルの「フタ止めシール」が猫耳になったことが注目され話題量が第1位に。6%の確率でチベットスナギツネに出会えることもTwitterユーザーの心をつかんだ。第2位は僅差で猫語翻訳アプリ「にゃんトーク」がランクイン。「思ってたより態度でかめだった」「思ってたより愛が重めだった」と会話が盛り上がっていた。

 その他、2021年にSNS上で投稿された各部門における注目ワードの結果は以下の通り。

【関連記事】
「SNS流行語大賞2021」ノミネート語を発表 頻繁にTwitterでつぶやかれたワードとは?
「SNS流行語大賞2020」の結果を発表 第1位は「StayHome/おうち時間」
「SNS流行語大賞2020」ノミネート語を発表 頻繁にTwitterでつぶやかれたワードとは?
イー・ガーディアン、著名人の投稿をリサーチする「ねがれぽ」を開始 キャスティングの炎上リスクを軽減
イー・ガーディアン、ソーシャルリスニングの分析メニューに「公式アカウントのフォロワー分析」を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/20 12:15 https://markezine.jp/article/detail/38001

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング