SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

SEO初心者が知っておきたいGoogle機能の基礎知識

画像に動画にマップ! 「ユニバーサル検索」の基礎知識

 Googleの検索結果には様々な機能があります。SEO対策に取り組む中で、知っておきたい機能を全7回にわたってご紹介。第6回はユニバーサル検索についてです。ユニバーサル検索は画像や動画、マップなど、ユーザーの検索に対し、表示するコンテンツを組み合わせて、最適な結果を返そうとするGoogleの検索機能のことです。10年以上前に導入され、今では当たり前となっている機能ですが、一度しっかりと理解しておきましょう。

そもそも「ユニバーサル検索」とは?

 こんにちは。ナイル株式会社の青木です。

 前回は「構造化データ」についてご紹介しました。検索結果には様々な機能が増えており、いかにユーザーの目に留まり、クリック率を上げていくかは重要なポイントです。構造化データはそうしたクリック率の改善に対し、有効な施策といえます。また、構造化データは検索エンジンにページ内容を伝える役割をもっており、ユーザー、検索エンジンのどちらにも有効な施策でした。

 第6回で紹介する「ユニバーサル検索」は、導入自体は2007年と10年以上前で、今ではすっかり馴染みのある検索結果ですが、その検索結果からは様々なことをくみ取ることができます。

 ユニバーサル検索とは、Googleが開発した検索結果画面においてWebページのURL以外のコンテンツも検索結果に表示する機能のことです。

 簡単に説明すると、検索結果に青いリンクだけでなく、画像や動画そしてニュースのようなコンテンツを必要に応じて検索結果に表示する機能と認識していただければと思います。また、こうした検索結果のことを、一般的には「混ぜる」を意味するブレンデッドサーチと呼びます(細かいですがGoogleにおけるブレンデッドサーチがユニバーサル検索となります)。

 実際に例を見ていただいた方がわかりやすいので、「パンダ」の検索結果を見てみましょう。

 「パンダ」と検索すると、通常の青いリンクの検索結果の他に、上記のようなニュースや動画、画像が表示されておりますが、こちらがユニバーサル検索によって表示されている結果となります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
画像や動画など限定して検索できる「バーティカル検索」とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
SEO初心者が知っておきたいGoogle機能の基礎知識連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

青木 創平(アオキ ソウヘイ)

 ナイル株式会社 SEO研究所所長。大規模データベース型サイトなどの技術的に複雑なSEOのプロジェクトや、BtoBのサービスサイトにおけるオウンドメディアマーケティングなどを担当。2021年からはSEO研究所を立ち上げ、より成果に貢献するSEOを追求している。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/16 09:30 https://markezine.jp/article/detail/38008

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング