SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

半数近くがGo To トラベルの利用意向あり/旅先での消費活動にも意欲的【NTTコム リサーチ調査】

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは「旅行とGo To トラベルキャンペーン」に関する調査を実施した。

Go To トラベルの再開に半数が「賛成」

 再開が検討されているGo To トラベルキャンペーンに対する賛否を聞いたところ「再開したほうが良い(18.1%)」「再開したほうが良いが、十分に検討が必要(35.4%)」を合算し53.5%が再開に賛成の意向を表明。一方で「再開すべきではない」「わからない・どちらでもない」と回答したのはいずれも約2割だった。

2020年のキャンペーン利用率は約3割

 2020年7月からスタートしたGo To トラベルを「利用した」と回答した人は29.8%で、「利用していない」と回答した人は70.2%だった。

 また、新たにキャンペーンが再開された場合、利用意向があるのは47.6%(「利用する(18.3%)」と「利用を検討したい(29.3%)」の合算)だった。

割引率が引き下げられたとしても利用意向に大きな影響なし

 新たなGo To トラベルでは、前回に比べて割引率や割引上限の引き下げが検討されている。このことがキャンペーンの利用意向に与える影響を調べたところ、69.2%が「(キャンペーンの利用意向は)変わらない」と回答した。さらに「利用意向が高まる」「利用回数が増える」と回答した人の合計も20.5%を占めた。

旅先での過ごし方は「特産物を食べる」が6割

 Go To トラベルを利用した旅先での過ごし方では「土地の名産・特産物をたくさん食べたい」が60.5%で最も多く、次に「地元のお店に寄りたい(41.7%)」「アクティブに周辺の観光地を見て回りたい(36.7%)」「お土産をたくさん買いたい(32.9%)」が続いた。

6割以上が消費による旅先の経済活性化を意識

 旅先での消費額については「たくさん消費して経済の活性化に貢献したい(22.7%)」「なるべく意識して、消費額を増やしたいと思う(42.5%)」など、意識的に旅行先での消費を増やそうと考えている人の割合が65.2%にのぼり、「せっかくお得に旅行するのでなるべく支出は抑えたい(12.3%)」や「これまでと変わらない(22.5%)」を上回った。

【調査概要】
対象:NTTコム リサーチ登録モニター
方法:非公開型インターネットアンケート
期間:2021年12月3日(金)~2021年12月5日(日)
有効回答者数:1,329名
回答者の属性:日本国内に在住する20歳以上の男女

【関連記事】
12月度のInstagramトレンド、グルメ編の1位は「#ゴントランシェリエ」【パスチャー調査】
「SNS流行語大賞2021」の結果を発表 第1位は「〇〇ッツォ」【イー・ガーディアン調査】
Instagramで「#SDGs」の投稿数が急増/エンゲージメントは前年比の2倍に【テテマーチ調査】
消費者の多くが実生活を描いた広告を重視/最も信頼度が低かったのは煙草ブランドの広告【ニールセン調査】
検索数が最も急上昇した人物は?/大谷翔平選手が大賞とアスリート部門賞をダブルで受賞【ヤフー調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/22 17:45 https://markezine.jp/article/detail/38035

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング