SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CyberZ、アプリプロモーションに特化した運用型テレビCMパッケージの提供を開始

 CyberZは、アプリ領域に特化した運用型テレビCMパッケージ「TELEGMA for App(Television Growth Marketing for App)」の提供を開始した。効果可視化から運用調整までを一気通貫する。

 具体的には、テレビCMの放映後に、インストールの増分だけではなく、復帰起動数やSNS上での会話量増分の可視化、実施中のダイレクト広告への影響等、CPI以外の様々な粒度でのTVCMの定量評価を可能にする。

 また、テレビCMの放映後についても、効果良好のCM素材をオンライン動画サービスやデジタル屋外広告(DOOH)の運用に活用するなど、他の広告ともリアルタイムで連動させることで、分析結果に基づいた効果の最大化が可能となる。

 同社が強みとするアプリ広告の領域においては、テレビCMを実施する場合、新規ユーザーの獲得以外にも、SNS上でのエンゲージメントの醸成や、離脱ユーザーの復帰、既存のダイレクト広告の効率改善などを意図しているケースが多く、CPI(Cost per Install)以外の指標で、多角的にテレビCMの効果を評価したいというニーズが高まっている。

 またダイレクト広告においては、効果分析だけでなく、配信中の広告や配信面をリアルタイムで精査していく手法が一般的なため、テレビCMの効果を可視化した後に「実運用につなげられない」といった課題の声も多い。これらに応えるために、パッケージを提供するに至った。

【関連記事】
テレビのネット接続率は41.8%、推定人口は約3,400万人【マクロミル調査】
博報堂DYMP、テレビとデジタルの統合管理を強化 Googleのツール/データと連携したサービス提供
DAC、デジタル×テレビの広告効果を可視化する統合モニタリングソリューションの提供を開始
Liftoff、アプリマーケティングに関わる人のコミュニティ「Mobile Heroes」を始動
モバイルアプリ向け動画広告のアドフラウド対策機能を強化 POKKTが「MediaGuard」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/27 12:30 https://markezine.jp/article/detail/38062

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング