SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ピースリーとドン・キホーテがサイネージの視認率に関する実験を実施 設置場所や時間帯による変化を計測

 ピースリーとパン・パシフィック・インターナショナル・ホールディングスは、2021年10月7日(木)~2021年11月2日(火)の約4週間に亘り、サイネージの視認率計測実験を実施した。

実験概要図
実験概要図

 ピースリーは、企業向けにサイネージの配信や機器開発などを支援する企業。一方のパン・パシフィック・インターナショナル・ホールディングスは、ディスカウントストアやスーパーなどを展開する企業だ。

 今回両社は、ピースリーが提供する「背面照射型BIRDEYES(バードアイズ)」をドン・キホーテ中目黒本店の5ヵ所に設置。表示画面上部に取りつけた超小型カメラを通じ、人影と目線を計測することで視認率を算出した。

 実験の結果、設置場所によって視認率は最小1%~最大12.61%変動。時間帯によっても視認率の最大値と最小値に3倍程度の開きがあり、来店客の年齢層や来店目的がサイネージの視認率に与える影響を示した。

【関連記事】
テレシー、CMerTVと提携 デジタルサイネージの取り扱いを開始しターゲティングを強化
3D映像のポンタが通行人にリアクション ロイヤリティ マーケティングがサイネージを活用した施策実施へ
交通広告における3Dホログラムサイネージの需要把握へ ジェイアール東海エージェンシーが実証実験を開始
大日本印刷とサイバーエージェントが協業 エレベーター内サイネージにおいて利用者状況に応じた広告配信へ
DNPと東芝エレベータ、マンション・オフィスビル向けにエレベーター内デジタルサイネージの運用を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/12 07:00 https://markezine.jp/article/detail/38099

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング