SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

顧客にマッチするクーポンをAIが選定 True Dataが小売業向けに「RelevanC」の提供へ

 True Dataは2022年1月17日(月)より、ニールセンIQの小売業向けAI販促パーソナライゼーションプラットフォーム「RelevanC(レレバンシー)」の提供を開始する。

AIパーソナライゼーションでのターゲティングイメージ
AIパーソナライゼーションでのターゲティングイメージ

 True Dataは、全国の消費者購買データを扱うビッグデータプラットフォームの運営企業。一方のニールセンIQは、小売データや消費者調査などのデータを基に、クライアントのマーケティング意思決定を支援する企業だ。

 今回True Dataが提供するプラットフォームでは、販促の目的や購買履歴、販促の反応度に基づき、顧客の行動を促しそうなクーポンをAIが選定。関連性の高い会員顧客に絞ってクーポンを届けることにより、販促の効率化および投資効率の最適化を実現する。

A/Bテスト結果の画面イメージ
A/Bテスト結果の画面イメージ

 また、小売業の自社ID-POSデータと連携することで、クーポン配布による売上結果を自動集計。導入企業はクーポンを配布した人としなかった人の売上の違いを「A/Bテスト」で検証できる。

【関連記事】
True Data、AIで需要予測と在庫最適化を行う「SDR-IO」の提供を開始
LINEと日本マイクロソフト、小売業界のDX推進プロジェクトを開始 シームレスな顧客体験の創出を支援
小売・メーカーの販促など支援 博報堂グループ9社が「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」を発足
CCCマーケティング総研、小売業界の「産業天気予報」を発表 レシートデータと企業調査から作成
ウィルベース、小売り向けDX販促推進プラットフォームを機能拡充 店頭販促のPDCA効率化を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/12 14:15 https://markezine.jp/article/detail/38109

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング