SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

マーケティングにおける動画活用の動向 今後は「パーソナライズ化」が成否を分けるカギに?

 オンラインビデオプラットフォームを展開する米国発のブライトコーブ社が、マーケティングにおける動画活用のこれからを推測。企業側でも、消費者側でも「動画」が至極当たり前になった今日だが、これからは「NETFLIXのように、動画体験のパーソナライズ化を図ること」が、マーケティングにおける動画の成否を分けるポイントになるという。一歩先を歩むために、今できる動画活用は何だろうか?

昨年にかけ、大規模バーチャルイベントが増加

 昨年は、総じて企業における動画活用が高度化した年でした。中でも、東京五輪や大型音楽イベントなどをはじめ、10~30万人が同時接続できるような大規模イベントの動画配信やバーチャルイベントの開催が格段に増えました。

 膨大な準備期間と当日の運営、プロマネやエージェンシー、当日の運営スタッフや警備員などの人件費コストがかかるリアルイベントに比べると、バーチャルイベントはコスト負担が少なく済みます。また、会場のキャパシティに左右されることなく多くの集客が実現するというメリットもあり、「リアルで開催できない」という理由ではなく、リスク回避やそのほかのメリットを踏まえて、バーチャルでのイベント開催の実施に踏み切る企業が増えました。

 これに伴い、必然的ではありますが、配信技術というテクノロジーの進化も見られました。特に、イベントプラットフォームから取得した参加登録情報と連携し、適切なアクセスセキュリティを設定したり、動画ファイルの不正コピーや漏洩を抑止する再生方式、フォレンジック機能との連携が注目を集めています。また、イベント集客の都合上、夜間や週末勤務など時間外でのライブ実施も想定しなければならず、担当者の勤務負荷が上がる傾向にありましたが、編成型のライブや疑似ライブを実現する新製品、サービスの展開も増加しました。

 テクノロジーの話になると、どうしても海外のほうが進んでいると思われがちですが、バーチャルイベント開催のノウハウは日本も引けを取ることのない進歩を見せています。

SNSにおける動画活用は、成果が見えづらい?

 そのような中、デジタルマーケティングにおける動画活用も少しずつより良い方向に向かってきていると感じます。

 多くの企業で動画活用に対する期待が高まっていますが、動画は制作ノウハウ、管理方法、配信技術において、これまでのウェブメディアの延長線上で実施できるものではありません。そのため、なかなか成果に繋がらない状況が続いてしまいます。

 最も特徴的な例として、SNSにおける動画活用が挙げられます。SNSでは手軽に動画をアップロードし、ユーザーに届けることができますが、そもそも“拡散”を目的とするプラットフォームでの動画展開は、マーケティングや営業プロセスごとに達成すべき多様な目的に適応することができません。また、動画や広告の視聴完了後に表示されるコンテンツが、企業のブランドやマーケティングに良い影響を与えない場合もあります。このように企業側でコントロールしきれない部分もあることから、動画戦略においては自社で完全に管理できるオウンドメディアの活用も重要です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
オウンドメディア上で実現できる、一歩先の動画活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

国谷俊夫(クニヤ トシオ)

大規模コンピュータシステム、大規模インターネット配信、マーケティング、セールスのテクノロジー領域で20年の経験を持つ。講演、執筆、コーチング、および特定の専門産業に特化した技術チームのマネジメントで実績がある。2020年7月より現職にて国内の技術部門を統括。特に超大規模プロジェクトにおける国を超えた...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/18 07:00 https://markezine.jp/article/detail/38407

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング