SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、バーチャル店舗開発に特化した子会社、CyberMetaverse Productionsを設⽴

 サイバーエージェントは、メタバース空間における企業の販促活動を支援する、バーチャル店舗開発に特化した事業会社として、 CyberMetaverse Productions(サイバーメタバースプロダクション)を設立した。

 同社はリアル店舗やECとは異なる、新たな販売チャネルとしてメタバース空間におけるバーチャル店舗のあり方を確立し、NFTを活用したデジタルコンテンツ制作や独自の暗号資産(仮想通貨)の発行支援まで一貫して対応できる体制を構築。「未来の店舗」「新しいショッピング体験」のスタンダードを構築することを目指す。

 具体的には、サイバーエージェントグループが培ってきたAIや3DCG技術、DX支援実績を活かし、小売企業やアパレルなどブランド企業における、バーチャル店舗での新たな収益源の確立を支援。リアル店鋪のような写実性のあるバーチャル店舗から、アニメ調のキャラクターデザインまで、企業ブランディングに合わせたメタバースの商空間を作る。そして、メタバース空間における広告事業の展開から、収益向上に向けた運用までを行う。

 また、バーチャル店舗における店員アバターの接客サービスも提供。企業の社員による遠隔接客、対話技術を用いたAI接客アルバイターの派遣など、様々な形でメタバース空間における接客をし、顧客の購買意欲を促進していく。

【関連記事】
CA、AIでGoogleショッピング広告における承認率の改善を図るサービスの提供を開始
CA、来訪者分析サービスの提供を開始 デジタル広告を活用した集客の最適な配信設計が可能に
CA、GOと共同でYouTubeチャンネルを開設 広告クリエイティブの秘伝の技術を語る
サイバーエージェント、新しい市役所を定義し研究する専門機関「デジタル市役所研究所」を新設
サイバーエージェント、新子会社「CA無人店舗」を設立 無人店舗ソリューションを提供・開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/25 18:45 https://markezine.jp/article/detail/38446

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング