SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

約7割が美容医療・整形の意向あり/肌悩みの最多回答は「シミ・そばかす・にきび跡」【@cosme調査】

 アイスタイルは、同社が運営する「@cosme」のプロデュースメンバーを対象に、美容医療・整形に関するアンケート調査を実施した。

利用経験者が最も多かったのは「医療脱毛」

 美容医療・整形を施術する施設やサービスについて、利用経験の有無を聴取したところ、約半数が「利用したことがある」と回答。中でも「医療脱毛」の利用経験者が最も多かった。

顔への美容医療・整形意向者は約7割

 顔への美容医療・整形の予定について聴取したところ、約2割が「施術することを決めている/施術予定はないが、調べている」と回答。また「具体的に調べていないが、興味はある」の回答者を含めると、意向者は約7割を占めた。

肌悩みの最多回答は「シミ・そばかす・にきび跡」

 顔への美容医療・整形経験者に現在の肌悩みを聴取したところ「シミ・そばかす・にきび跡」が6割半ばと最も多く「肌の乾燥」「毛穴の開き・広がり」が続いた。

美容医療・整形経験者はスキンケアに投資

 スキンケアにかける金額について顔への美容医療・整形経験者に訊ねたところ「3,000円以上/月」と回答した人の割合は回答者全体よりも12.8%多かった。

美容医療・整形を連想させる広告に約4割が「魅力を感じる」

 美容医療・整形を連想させる化粧品の広告・コンセプトに魅力を感じるかどうかを聴取したところ、スキンケア化粧品、メイク・ベースメイク化粧品ともに約4割が「あてはまる/ややあてはまる」と回答した。

【調査概要】
方法:Web調査
時期:2022年1月14日(金)~16日(日)
対象:@cosmeプロデュースメンバー/全国/女性/15~59歳
※@cosmeの年代構成比に合わせて割り付け
対象者数:10,290人

【関連記事】
買い手が好む営業方法、「訪問・リモートどちらでもよい」が2021年の1.5倍に【HubSpot調査】
顧客データの統合・分析に取り組む企業は1.8倍増/取り組みは二極化【アンダーワークス調査】
若年層の流行、鬼滅の刃が1位!男性は「ポケモン」女性は「なにわ男子」が急上昇【LINEリサーチ調査】
SDGsの認知度は全体の8割超/学生の理解度が社会人を上回る【CCCマーケティング総研調査】
2021年の電子漫画と音楽配信サービスの支出、2019年比で約2倍に【Zaim 生活DX指数調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/03 16:00 https://markezine.jp/article/detail/38495

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング