SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

CyberZが明かす、TikTok広告を成功に導くアカウントクオリティの高め方

 読者の皆さんは、広告プラットフォーム「TikTok for Business」で効果を高めるために必要な「アカウントクオリティ」という言葉をご存じだろうか。本記事では、国内の代理店でも有数の運用力を誇るCyberZの社員とTikTok for Business Japanの社員に、アカウントクオリティとは何か、どのようにすれば高められるのかについて話を聞いた。 

「TikTok for Business」活用に欠かせない、アカウントクオリティとは?

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、アカウントクオリティとはどのようなものか教えてください。

TikTok for Business Japan デジタルエージェンシー担当 倉持 琢光氏

倉持:アカウントクオリティは、「TikTok for Business」の運用で重要な項目を数値化して、運用状況の良し悪しを可視化できる指標となっています。現在は以下5つの項目が存在しています。

・コンバージョンアグリゲーション(CV_Aggregation):最適化に必要なCV数が蓄積できているか

・クリエイティブアディション(CR_Addition):新規クリエイティブが入稿できているか

・アドフォーマット(Ad_Format):プレースメントに応じた推奨クリエイティブサイズで入稿できているか

・ローエストコスト:(Lowestcost)推奨している入札タイプで配信できているか

・AEO:アプリイベント最適化

MZ:これらの項目のスコアを高めるためには、どのような運用が求められるでしょうか。

倉持:大きく3つの取り組みが求められます。1つ目はコンバージョンの蓄積です。「TikTok for Business」はコンバージョンアクションの数が貯まることで機械学習による最適化が行われるため、一定の数が集まるコンバージョンポイントを設定することが求められます。

 2つ目は、正しい頻度でのクリエイティブの入稿です。基本的にはインフィード広告になるので、クリエイティブの疲弊が激しくなっているため、適切な頻度で差し替えが必要になります。また、TikTok以外にもBuzzVideoやPangleという出稿面があるのに加え、アドフォーマットも様々なので、各媒体・フォーマットに合わせたクリエイティブの入稿が重要になります。

 そして3つ目は、当社が推奨する2つの入札方法の活用です。1つは自動最適化をかけてくれるローエストコスト、もう1つはアプリ・イベントの入札最適化に活用できるAEOになります。

成功したら即社内ルール化、TikTok for Business Japan社員との連携も密に

MZ:では、続いて「TikTok for Business Agency Award 2021」にて、パフォーマンス部門の最高位であるプラチナアワードとして認定されたCyberZの方に、どのような運用を心掛けているのか聞いていきたいと思います。宮内さん、いかがですか。

宮内:アカウントクオリティで決められた5項目をすべて満たすのは難しいのですが、どの案件でも安定したアカウントクオリティが目指せるよう、5つの項目それぞれを高める法則を見つけ出し、見つけたらすぐ社内ルールとして定着させるようにしています。

 また、倉持様の話にあったように、クリエイティブの頻繁な入稿や各媒体・フォーマットに対応すべく、「TikTok for Business」のクリエイティブに特化した制作体制を敷いています。

 そして、我々だけではわからない点もあるので、倉持様と週次でミーティングを行わせていただいています。全案件の中で、アカウントクオリティの5項目のうち低くなってしまっている項目をどのように改善するか、その方法について一緒に検討し、改善策を行ったものに関しては結果をモニタリングしています。

株式会社CyberZ TikTok運用担当 宮内 龍汰氏
株式会社CyberZ TikTok for Business運用担当 宮内 龍汰氏
写真提供:CyberZ

次のページ
効果的な運用に必要なルール・意識すべきことが明らかに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/19 10:30 https://markezine.jp/article/detail/38511

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング