SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マンダム、ヘアカラーの色見本毛束の供給を終了 ARによる髪色シミュレーションを導入

 マンダムは、プラスチック使用量の削減に向けてすべてのヘアカラー製品での「プラスチック製毛束トレイ」の供給を終了した。これにより、これまでに比べ年間約1.5トンのプラスチック使用量が削減される。

 毛束トレイに替わる新たなツールとしてARによる髪色シミュレーションを3ブランド(ギャツビー、ルシード、ルシードエル)で2022年3月14日より順次提供する。店頭においては紙製POPで髪色シミュレーションシステムの案内をする。

 なおARカラーシミュレーションシステムは、パーフェクト社のARとAI技術で画面に映る髪の毛を正確にトラッキングして、自然な髪色シミュレーションを行うことのできる「AIバーチャルヘアカラー」機能を活用している。

 同取り組みはマンダムのサステナビリティ戦略におけるマテリアリティのひとつである「持続可能な地球環境への取り組み」の一環。

【関連記事】
博報堂SDGsプロジェクト、「社会行動クラスター」を開発
TBWA HAKUHODOが「SDGs ACTION GUIDE」を公開 企画立案のヒントを体系化
SDGs関連の活動をする企業の93%が「活動を社内外に発信できていない」と回答【プルークス調査】
ドールが「もったいないバナナ」プロジェクトを始動 SDGsの実現に向けジュース店に廃棄バナナを提供
MERY、SDGsをテーマにした企画を実施 ライブ配信やワークショップでユーザーの自分ごと化を促す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/14 16:30 https://markezine.jp/article/detail/38574

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング