SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「消費者の約半数がSNSでショッピング情報を入手」米国マーケティング協会が発表

 米国マーケティング協会は、11月24日、オピニオンリサーチと共同で行った、ネット上での消費者動向の調査結果を発表した。この調査は、11月9日から12日にかけて、約千人の18歳以上のインターネットユーザーを対象に行われたもの。

 11月のアメリカは、ホリデーシーズンをひかえて消費者の購買熱が高まる時期。回答者の49%がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイトを訪れて、セールの情報を調べたり、クーポンをダウンロードするなどのアクションを起こしている。また、回答者の47%はSNSサイトにプレゼントのアイディアを探しにいき、29%が可能ならそこで商品を購入したいと答えている。

 「新製品や話題の商品に関する情報をどこから得るか」という質問については、43%が検索エンジンから、29%が企業ウェブサイト29%からと回答している。検索エンジンが特によく利用されるのは、音楽、映画、本などを含むエンターテインメントの分野とおもちゃやゲームの購入。ともに約半数の49%の人が利用している。

プレスリリース:"Making a List and Checking It Twice: Social Networkers Seeking More Than Just Friends Online"

American Marketing Association

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 22:13 https://markezine.jp/article/detail/386

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング