MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「消費者の約半数がSNSでショッピング情報を入手」米国マーケティング協会が発表

2006/11/27 00:00

 米国マーケティング協会は、11月24日、オピニオンリサーチと共同で行った、ネット上での消費者動向の調査結果を発表した。この調査は、11月9日から12日にかけて、約千人の18歳以上のインターネットユーザーを対象に行われたもの。

 11月のアメリカは、ホリデーシーズンをひかえて消費者の購買熱が高まる時期。回答者の49%がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイトを訪れて、セールの情報を調べたり、クーポンをダウンロードするなどのアクションを起こしている。また、回答者の47%はSNSサイトにプレゼントのアイディアを探しにいき、29%が可能ならそこで商品を購入したいと答えている。

 「新製品や話題の商品に関する情報をどこから得るか」という質問については、43%が検索エンジンから、29%が企業ウェブサイト29%からと回答している。検索エンジンが特によく利用されるのは、音楽、映画、本などを含むエンターテインメントの分野とおもちゃやゲームの購入。ともに約半数の49%の人が利用している。

プレスリリース:"Making a List and Checking It Twice: Social Networkers Seeking More Than Just Friends Online"

American Marketing Association

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5