SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ADK MS、UNCOVER TRUTHと協業 1stパーティデータ活用支援サービスの提供を開始

 ADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)の、デジタル&データドリブン・マーケティングを専門領域とする事業ブランド「ADK CONNECT」は、UNCOVER TRUTHと協業。これにより企業が保有する1stパーティデータを活用して優良顧客の育成から獲得までを支援する1stパーティデータ活用支援サービスの提供を開始した。

 同サービスは、データを起点として顧客の発見・獲得から育成までを統合的にマネジメントする。1stパーティデータの分析に基づいたプランニングで既存顧客の優良化を目指すとともに、データ分析から導き出す適切なアプローチで優良化につながりやすい見込み客を獲得することが期待できる。

 具体的には、1stパーティデータの購買・行動データをもとに顧客を分類する「カスタマーマッピング」を作成し、顧客を可視化する。さらにセグメントごとにターゲット像、購買・検討行動の深掘りを行い、各セグメントがビジネスに与える影響を定量的にシミュレーション。それらをもとに効率的な集客やナーチャリング、CRMシナリオを設計・実行してデータドリブンなマーケティング活動を支援する。

サービス概要

 1stパーティデータの整備・分析は、UNCOVER TRUTHが主体となり、ADK MSと業務提携関係にあるプリンシプルも携わる。データから得られたファクトを軸にしたコミュニケーション戦略全体のプランニングはADK MSが主体となって推進。さらに、策定した戦略に沿って購買や検討の実態に応じた効果的なエグゼキューションの立案も行っていく。

実行体制

【関連記事】
スイッチメディア、ADK MS、ノバセルが業務提携 テレビメディア領域のマーケティング支援を強化
サウナを軸に地域経済の活性化を目指す ADK MSと北海道文化放送が「&sauna FARM」を始動
OMO施策により新たな購買体験の創出と“密”の回避を目指す ADK MSと大阪商工会議所が実証実験へ
カゴメら参画企業のマーケティング課題に若者が取り組む ADKグループが「ワカスタビジコン」を開催
ADK SM×IBM、改善に留まらない新サービス開発法「Innovation FISH」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/05 15:15 https://markezine.jp/article/detail/38731

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング