SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クラウドサーカスのMAツール「BowNow」、無料プランでメール配信が可能に

 5月23日、クラウドサーカスは、マーケティングオートメーションツール「BowNow(バウナウ)」の無料プラン(以下、フリープラン)で、メール配信機能を拡張した。これにより、フリープランを登録したユーザーは、顧客情報を元にメール配信を通して、見込み顧客へのアプローチが可能となる。

 同機能を活用することで、たとえば1か月以内に料金ページを訪れたユーザーや、問い合わせフォームまで来たが問い合わせに至らなかったユーザーなど、詳細な条件で絞り込み検索し、ユーザーの行動に合わせたメール配信ができる。

 これまでBowNowのメール配信機能は、月額2万円(税別)以上のライトプランからの提供で、フリープランでは顧客の行動履歴の把握までに留まっていた。

 BowNowを含む同社のSaaS総称サービス「Cloud CIRCUS」は、マーケティングにコストが掛けられない日本の中小企業をメインターゲットとしている。今回の機能提供によって、見込み顧客へのナーチャリング活動がよりミニマムでスタートできるようになる。

【関連記事】
CCCマーケティング、中小企業向けのコンサルティングを開始 ソーシャルリスニングで生活者の声を分析
GMOペパボと商工中金が業務提携、中小企業のEC開設・運営支援を通しDX推進
クラウドサーカス、オンライン展示会を気軽に安価に開催できるツール「CrowdBooth」を提供
2021年のMA導入率は17%、導入の障壁は5年連続で「コスト」【Cloud CIRCUS調査】
クラウドサーカスのMAツールが企業の分析機能を拡張 約200種の企業情報を付与し分析可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/24 15:30 https://markezine.jp/article/detail/39070

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング