SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クラウドサーカス、オンライン展示会を気軽に安価に開催できるツール「CrowdBooth」を提供

 4月19日、クラウドサーカスは、同社が提供する、デジタルマーケティングのSaaS総称サービス「Cloud CIRCUS」において、オンライン展示会ツール「CrowdBooth(クラウドブース)」の提供を開始した。

 同ツールは取引先を集めた合同オンライン展示会や、就職イベントとしてのオンライン合同説明会などの各種イベントを、気軽に安価で開催できるもの。マップ上にはブースの他にアバターを表示でき、展示会ならではの賑わいの演出も可能。

 マップから展示会ブースに入ると、企業ごとの動画視聴や、資料ダウンロード、商談予約などができる。

 同社のマーケティングノウハウを活かした、集客から運営、開催後の商談作りまで、一気通貫したサポート体制で提供される。

 なお「CrowdBooth」は現在、オンライン展示会を主催したい企業をメインターゲットとして開発されているが、今後は展示会のブースのみを利用したい企業向けに、企業がWebサイト上のコンテンツとして展示会のブースを単体で設置できる「ショールームプラン」も提供する予定。

 大規模な展示会を開くことなく、個社単位で気軽にオンラインショールームを設置することで、商品PRや交流の場をWeb上で提供することができるようになる。

 また、「ショールーム」に訪れたユーザーは、チャット機能を通して商品について質問することで、その場で疑問点を解消でき、企業としては問い合わせまで至っていない見込み顧客とも接点を持てるため、双方にとってメリットがある。

 また、「Cloud CIRCUS」のツール群に含まれるMAツール「BowNow(バウナウ)」と連携し、見込み顧客の管理からイベントの定量的な効果検証も実現できるようになり、費用対効果を定量的に判断できるオンラインイベントの開催も可能となる。

【関連記事】
Curtainら3社がオンライン展示会プラットフォーム「HUB STATION」を共同開発
ガイアックス、オンラインイベントでの見込み顧客獲得に特化した展示会プランを開始
エボルト、ニッチなテーマに特化したオンライン展示会サービス「evort マイクロ展示会」を提供開始
DMM、新オンライン展示会プラットフォーム事業を開始 オンライン商談主催からリアル商品訴求まで実現
凸版印刷、オンライン展示会プラットフォーム「V-MESSE」提供開始 開催に必要な機能をパッケージ化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/19 15:30 https://markezine.jp/article/detail/38817

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング