SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Winny」による被害相当額は約100億円、著作権侵害対策を強化

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)は28日、ファイル交換ソフト「Winny」ネットワーク上で不法に流通している音楽ファイル、コンピュータソフトウェア等の実態調査を行い、その金額を試算した結果、合計で約100億円相当(音楽ファイル4.4億円、コンピュータソフトウェア95億円等)に達するという結果を得たと発表した。

実態調査は、2006年10月10日の18時から24時までの6時間について実施され、少なくとも21万ユーザーのコンピュータなどでWinnyが利用されていること、また音楽では61万ファイル(1ファイル当たりのJASRAC管理楽曲を7曲とすれば、月額使用料換算で約4.4億円相当)、ビジネスソフトウェア約61万タイトル(平均価格換算で約19.5億円相当)、ゲームソフトウェア約117万タイトル(同約51.3億円相当)、アニメーション約18万タイトル(同約17.2億円相当)、コミック約159万タイトル(同約7.0億円相当)が流通していることが、それぞれ確認されたという。

今回の調査結果をもとにACCSおよびJASRACでは、財団法人日本データ通信協会Telecom-ISAC Japanの協力を得て、Winnyユーザーが加入しているプロバイダを通じ、電子メールやホームページなどを利用してWinnyユーザーに対する注意喚起活動を行う、としている。

ニュースリリース:「Winny」による被害相当額は、音楽ファイル4.4億円、コンピュータソフト等95億円、合計で約100億円の規模と推定

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 22:14 https://markezine.jp/article/detail/391

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング