SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本の消費者の7割超が、テレビCMより動画配信サービスでの「広告体験」を好む【IAS調査】

 Integral Ad Science(以下、IAS)は6月2日、「動画配信と広告に関する消費者意識調査」の結果を発表した。

 同調査は日本の消費者500人以上を対象に、動画配信の視聴と広告付き動画に対する意識を調べたもの。近年、効果的な広告配信環境がテレビからインターネット動画配信に移りつつある中で、動画配信の利用状況や、視聴者の広告体験への認識、それらの改善方法について理解を深めるために実施した。

 調査結果の概要は以下の通り。

  • 消費者の10人中8人がインターネット経由で動画配信を視聴
  • 消費者の71%がインターネット接続デバイスを使用してYouTubeの広告付き動画を視聴
  • 消費者の74%が、従来のテレビよりも動画配信サービスの広告体験を好むことが判明
  • 日本の消費者の54%は、広告をスキップできる選択肢が与えられていても広告をスキップしない

 多くの人が以前よりも長時間家で過ごすようになった結果、インターネット経由での動画視聴が好まれるようになった。動画視聴デバイスとしては、スマートフォンが最も利用されている。広告付き動画配信サービスの中で最も人気があったのがYouTubeで、次いでTVerとなっている。

 消費者の74%が従来のテレビよりも動画配信での広告を好むという結果については、広告がスキップ可能・短い・広告による視聴中断が少ないなど、従来のテレビCMよりも視聴者にとって優れた特徴があるためだと考えられる。

【関連記事】
コネクテッドTVでのオーバーレイ広告、インストリーム型動画広告の4倍印象に残る結果に【米国調査】
Criteo、日本での「Criteo動画広告」提供を正式に開始 フルファネルマーケティングを強化
動画広告、初めて5,000億円を突破/電通グループ4社が「2021年日本の広告費」の詳細分析を発表
2021年の動画広告市場は4,195億円、昨年対比142%成長 2025年に1兆円規模へ【CA調査】
UUUM、タイアップコンテンツ・Twitter動画広告に関する態度変容効果の検証内容を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/02 15:00 https://markezine.jp/article/detail/39126

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング