SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Criteo、日本での「Criteo動画広告」提供を正式に開始 フルファネルマーケティングを強化

 Criteoは、AI技術をもとにWeb上での動画広告配信を効率化する「Criteo動画広告」の日本提供を正式に開始した。

 同プロダクトは、これまでベータ版として公開されていた「Criteo動画広告」の正式版。CriteoのAIが消費者の購買行動データをもとにオーディエンスを選定し、より興味関心を持つ可能性が高いユーザーに対して広告を配信することで、認知拡大を狙ったマーケティング施策をサポートする。

 なお、Criteo動画広告の各指標平均値は視聴完了率50%~75%、視聴完了単価0.2~0.8円。広告主は施策後、Criteoが提供するブランドリフト・サーベイで、より詳細な分析やユーザーの態度変容を検証することも可能だ。

 また、ローワーファネル向けのCriteoプロダクトと掛け合わせることで、「流入」や「獲得」を目的としたマーケティング施策もフルファネルでサポートする。

 こうした成果を評価され、同プロダクトはクルマ情報メディア「グーネット」などを提供するプロトコーポレーションに採用されている。

【関連記事】
AJAのコネクテッドテレビ特化型動画広告「インクリー」、Webサイト来訪計測機能に対応
LetroStudio、LINE動画専用制作支援サービス「エルスタ」提供開始 動画広告の制作を容易に
博報堂DYHD、AI技術で既存の動画広告を各種デジタルメディアに合わせ高速リサイズする実証実験を開始
動画広告、初めて5,000億円を突破/電通グループ4社が「2021年日本の広告費」の詳細分析を発表
ビズテーラー・パートナーズ、動画広告の健全性・信頼性を向上する「動画広告チェックテーラー」提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/25 15:34 https://markezine.jp/article/detail/39068

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング