SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYHD、AI技術で既存の動画広告を各種デジタルメディアに合わせ高速リサイズする実証実験を開始

 博報堂DYホールディングスのグループ横断型の研究開発組織「Creative technology lab beat」(クリエイティブ・テクノロジー・ラボ・ビート 以下、beat)内の研究開発部門「マーケティング・テクノロジー・センター」は、AI技術を用いて既存の動画広告クリエイティブを各種デジタルメディアに最適化されたフォーマットにリサイズする制作支援プロダクト「H-AI MOVIE RESIZER」を開発。実証実験を開始した。

 同プロダクトを用いることで、通常一週間程度を要するリサイズ動画制作を数時間に短縮することができる。

 また博報堂DYグループオリジナル調査BestHITのデータを活用し、画像素材の配置位置による広告効果を予測。予測結果をヒートマップで描画する動画広告評価AI機能(β版)を開発した。今後、クライアント業務での実証実験を開始する予定だ。

 H-AI MOVIE RESIZERの特徴は、物体検出AIを用いてベースとなる動画から被写体を切り抜くことができる(クロッピング機能)。切り抜いた後の動画に、完成版に存在する画像素材の再配置を支援する機能もある。また、動画広告評価AIを用いた広告素材再配置支援機能を備えている(実務での実証実験を開始する予定)。

【関連記事】
博報堂DYHD、GrabAdsとのパートナーシップ契約を締結 東南アジアのクライアント企業を支援
博報堂DYグループ、広告×販促×店頭領域を統合するOMOソリューションの提供を開始
博報堂DYMPら、屋外大型ビジョンのデジタル・アドネットワーク化でプレミアムな広告枠を優先取引可能に
博報堂DYMP、地上波CMとコネクテッドテレビのOTT広告配信を統合活用する新ソリューションを提供
博報堂DYMPとDAC、データクリーンルームを活用した広告プランニングシステムでAmazonに対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/29 09:45 https://markezine.jp/article/detail/38668

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング