SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コネクテッドTVでのオーバーレイ広告、インストリーム型動画広告の4倍印象に残る結果に【米国調査】

 GumGumとMAGNAは、コネクテッドTV(以下、CTV)における広告手法に関し調査を米国にて実施した。

 調査の結果、「オーバーレイ広告」はインストリーム型動画広告の4倍印象に残り、広告主にとって72%以上のコスト削減につながることがわかった。ちなみに、オーバーレイ広告は、動画コンテンツの切れ目に広告を表示される「インストリーム広告」とは対照的に、コンテンツの中に表示されるのが特徴だ。

クリックして拡大

 また、18~54歳の70%が、CTVのビデオ広告を「ほぼ常に避けている」「見ていない」と回答。さらに、オーバーレイ広告によって、ブランドへの好感が5%、購買意欲が4%、ブランドへの検討が8%向上していることもわかった。

画像を説明するテキストなくても可

クリックして拡大

【調査概要】
期間:2021年10月~12月
対象者:18歳~54歳、807サンプル
方法:Test(広告接触)vsControl(広告接触なし)(ランダム化実施)/at homing test(在宅テスト)

【関連記事】
「テレビ×Web×交通広告」の広告効果は「テレビ×Web」の1.12倍【jeki、NRI調査】
広告型インターネット動画の視聴時間割合、34歳以下と35~49歳で同率【ニールセン デジタル調査】
2022年、マーケティング担当者が最も優先すべきことは「ブランド認知の向上」【ニールセン調査】
ママのよく見る広告、SNSが70.4%とテレビCM19.7%を大きく引き離す【mamatas調査】
2021年の動画広告市場は4,195億円、昨年対比142%成長 2025年に1兆円規模へ【CA調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/27 10:15 https://markezine.jp/article/detail/39056

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング