SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「テレビ×Web×交通広告」の広告効果は「テレビ×Web」の1.12倍【jeki、NRI調査】

 ジェイアール東日本企画と野村総合研究所(以下、NRI)はデジタル時代におけるメディアミックスに関する共同研究を行った。

 本研究では、NRIの広告効果測定サービス「Insight Signal(インサイトシグナル)」のデータを活用。広告主によるメディアミックスの実態調査と、広告効果の比較検証を行った。

8割超の企業が2~3メディアに出稿

 メディアミックスの過去3年間の出稿パターンを分析したところ、86.6%の企業が2メディア、ないし3メディアで展開していた。

クリックして拡大

 また2メディアで展開する企業の出稿メディアを見ると、77.9%が「テレビ×Web」でメディアミックスを実施。3メディアで展開する企業の62%が「テレビ×Web×OOH」で出稿していた。

クリックして拡大

2メディアより3メディアのほうが高い広告効果を示す

 本調査では、シミュレーションを通じて「テレビ×Web」と「テレビ×Web×OOH」の広告効果を比較検証。期間を2ヵ月、予算を3億円、KPIを「購入意向」とし、OOHは交通広告に設定した。全84パターンを検証した結果「テレビ×Web」の2メディア展開よりも、同じ予算内で「テレビ×Web×交通広告」の3メディア展開を行ったほうがKPIの押し上げ効果は高く、その差は1.12倍に。

 Z世代を対象にシミュレーションを行った場合、その差はさらに広がり1.3倍となった。

クリックして拡大

予算配分の最適解は「テレビ65%、Web20%、交通広告15%」

 また、シミュレーションを通じて最適な予算配分についても検証。全84パターン中、KPIの押し上げ効果が最も高かった予算配分は「テレビ65%、Web20%、交通広告15%」。Z世代を対象にシミュレーションを行った場合は「テレビ40%、Web35%、交通広告25%」が最も高い効果を示した。

クリックして拡大

【調査概要】
対象:関東在住の20~69歳男女(集計値は人口構成に合わせてウェイトバック処理)
サンプルサイズ:各調査回2,500~3,000(調査回によって変動)
時期:2021年7月~9月

【関連記事】
「暇潰しになる」と回答した人の割合は鉄道広告が最多/テレビCMは約3割/メトロアドエージェンシー調査
広告型インターネット動画の視聴時間割合、34歳以下と35~49歳で同率【ニールセン デジタル調査】
ママのよく見る広告、SNSが70.4%とテレビCM19.7%を大きく引き離す【mamatas調査】
2021年の動画広告市場は4,195億円、昨年対比142%成長 2025年に1兆円規模へ【CA調査】
ふだんラジオを聴く人は約5割/10~20代はスマホで、30代以上は車で聴取【LINEリサーチ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/20 13:30 https://markezine.jp/article/detail/39013

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング