SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エム・データ、AWS Data ExchangeにてTVメタデータの提供開始

 エム・データはアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)と連携し、AWS Marketplaceにおいて提供されているAWS Data Exchangeを通じて「TVメタデータ」の提供を開始した。「TVメタデータ」とは、テレビ番組やCMをテキスト化・データベース化したもの。

 この連携により、AWSのユーザーはTVメタデータに容易にアクセスし、CMや番組の露出効果の分析や様々な予測、メディアプランやマーケティングなどでデータ活用ができるようになる。

 また昨今注目を集める利用方法として、TVメタデータを企業のマーケティングの活動量として、株価の先行指標や上昇シグナルとするオルタナティブデータ活用がある。

 TVメタデータから銘柄別の放送量を時系列の変化で集計すれば、TV指数としてインデックス化できる。センチメントに影響を与えるTV情報で、様々な切り口での銘柄発見や投資判断ができ、他のデータと組み合わせた新たな指標化も可能となる。

【関連記事】
エム・データ、民放系BS7局のTVメタデータの生成を開始
セブン&アイHD、AWS上に共通インフラ基盤を構築 新たな顧客体験の創出へ
サントリー、グローバル市場でのビジネス拡大を目指しAWS採用 インフラおよび運営コストを25%削減
LINE、AWS活用で企業のDXを支援する「LINE DX Program with AWS」提供
セールスフォース・ドットコムとAWS、グローバル戦略的パートナーシップを拡大&新サービスを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/13 16:30 https://markezine.jp/article/detail/39184

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング