MarkeZine(マーケジン)

記事種別

エム・データ、民放系BS7局のTVメタデータの生成を開始

2019/04/02 12:00

 テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供するエム・データは、TVメタデータの対象エリアを、現在提供中の「関東」「中京」「関西」に加え、新たに「BS局(民放系7局)」へ拡大した。具体的には、4月1日0時以降に「BS日テレ」「BS朝日」「BS-TBS」「BSテレ東」「BSフジ」「BS11イレブン」「BS12トゥエルビ」で放送されたテレビCMが対象となる。

 BS局拡大の第1弾として、まずはテレビCMの放送実績(出稿日時、局)と内容を記録した「TV-CMマスタ」から生成を開始。あわせて、テレビCM放送実績確認のための「番組基本データ」(番組放送日時、放送局、番組名)の対応も開始した。

 なお、従来のTV-CMマスタと同様に、データ配信による提供に加え、エム・データが提供しているクラウド型TVビッグデータ分析サービス「TV Rank」への展開も予定している。

 これまでに「TV-CMマスタ」は「関東」「中京」「関西」と、インテージとの協業による「全国(全地上波)CMマスタ」で地方エリアに対応してきたが、今回新たにBS局も対象に加えたことになる。

 今後は、これらTV-CMマスタの提供速度の高速化、タイムCM・スポットCM区分、リッチ化(ナレーションやコピー、シチューション、●●篇などの網羅など)に加え、番組メタデータのリッチ化など、TVメタデータの更なる質の向上を目指す予定。

 TV Rankでの分析画面イメージは次の通り。

出稿量ヒートマップ(曜日・時間帯別)
出稿量ヒートマップ(曜日・時間帯別)
出稿シェア(局別) 産業・業種別 競合ブランドシェア(シーズナリティトレンド)

出稿シェア(局別) 産業・業種別 競合ブランドシェア(シーズナリティトレンド)

【関連記事】
自社・競合のテレビCM出稿情報を把握 インテージ、エム・データと「全国CMマスタ」提供
エム・データとマイクロソフトがAIの共同実証実験を開始
Datoramaがエム・データの「TVメタデータ」連携 TV・デジタル広告と売上等を一元的に可視化
人工知能と人間は感情を共有できるか、「女子高生AIりんな」にTVの放送実績データを取り込み研究へ
エム・データとFULLERが業務提携~テレビCMとアプリ利用データとの相関分析や効果測定が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5