MarkeZine(マーケジン)

記事種別

サントリー、グローバル市場でのビジネス拡大を目指しAWS採用 インフラおよび運営コストを25%削減

2020/10/28 14:05

 サントリーは、ITインフラの基盤としてAWSを採用。グローバル市場でのビジネス拡大を目指し、世界約300社のグループ企業のデータ活用強化を推進する。

 同社は10月27日までに、日本における受発注、売上予測、コンシューマー向けサイト、顧客データ管理などに関連する約1,000台のサーバーを含むすべてのシステムをAWSに移行。シンガポールと日本にあったデータセンターをシャットダウンすることで、インフラおよび運営コストを25%削減している。また、今回の移行に向けて社員のクラウドスキルを強化するため、世界約200人の社員に対して、AWS Technical EssentialsやArchitecting on AWS、Developing on AWSなどのトレーニングを開催。これらの社員は現在、ビジネスプロセスを変革するためのプロジェクトに携わっている。

 同社は今後、M&Aにより取得した企業のITインフラ基盤を統合。各企業のデータから得られる見識を基に、新たなアプリケーションを構築していく。

 同グループのIT戦略の策定・推進、ITによる各事業会社の業務革新支援を行うサントリーシステムテクノロジー代表取締役社長・村林泰之氏のコメントは以下の通り。

「近年、働き方はもちろん、飲食の楽しみ方、消費行動やデジタルを前提とした暮らしなど、全世界の人々のライフスタイル、そして価値観までもが大きく変わりつつあります。それにともない、あらゆるビジネス、あらゆる企業が、大きな変革を求められています。サントリーグループは、AWSのもつ、様々な先進技術と可能性を果敢に取り込み、『やってみなはれ』の精神で、変革に果敢にチャレンジし、スピード感をもって未来への道を切り開いていきたいと考えます」

【関連記事】
LINE、AWS活用で企業のDXを支援する「LINE DX Program with AWS」提供
セールスフォース・ドットコムとAWS、グローバル戦略的パートナーシップを拡大&新サービスを発表
Amazon、オンデマンド・プリントサービス「Merch by Amazon」を日本で開始
CCI、Amazon広告最適化を支援するプラットフォーム「Downstream」を導入
KARTE、Amazon Connectと連携 CXを高める次世代クラウドコンタクトセンターを実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5