SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通とドリームインキュベータ、 R&D部門の変革を支援する「R&Dトランスフォーメーション」提供開始

 電通は、ドリームインキュベータと共同で、研究所をはじめとした企業のR&D(研究開発)部門の変革をサポートするサービス「R&Dトランスフォーメーション」を7月4日より提供開始した。

 同サービスは長期的な企業成長に必要な研究開発において、「自社内での研究開発の役割や将来性が定義できていない」「社内外でのR&D部門の存在感が弱くなった」「研究成果の事業化がうまくいかない」などの課題を踏まえ、これらを解決するために開発された。

 同サービスでは、R&D部門の価値再定義、R&Dテーマの探索・拡張、R&D起点の事業化支援の3つを提供する。効率化や低コスト化のためのコンサルティングではなく、両社の実行力やクリエイティビティを活用した価値の具現化・具体化に注力。研究成果と市場(マーケット)を最短で結んで事業化を実現し、PDCAも含めて伴走していくことで、R&D部門の将来価値の最大化を目指す。

 サービスの概要は以下の通り。

1. R&D部門の価値再定義

  • 社会やビジネスの潮流、自社の保有特許などを踏まえ、R&D部門のミッション・価値を再定義
  • ポートフォリオ、予算、組織体制、プロセスの再設計・最適化
  • R&D部門の新しい価値が社内外に効果的に伝わり、浸透するための「言語化」「可視化」
  • 他社・他団体との連携による権威付けやPRの企画実施

2.R&Dテーマの探索・拡張

  • 技術・ビジネス・政策視点で、将来性のある研究テーマを設定
  • 生活者動向(インサイト、行動情報、メディア接触など)、トレンド(市場、業界、グローバルなど)、社会課題(SDGs、DE&Iなど)に関するナレッジ提供
  • 未来を予測する「フォーキャスト」と、ありたい姿から今すべきことを逆算する「バックキャスト」の両方から、テーマ探索を可能にするフレームワークの提供

3.R&D起点の事業化支援

  • 技術の事業化を客観的な視点で判断し、ビジネスモデル・事業計画を策定
  • 事業化をより効果的にするアイディエーション(アイデア創発)やクリエイティブワークショップの実施
  • 他社・他団体との協業を含めた共創支援
  • プロトタイピング(試作品の製造)や、「マイクロビジネス」としての短期間での事業化
  • 市場の反応の検証と、事業計画の再精査

【関連記事】
電通、クリエイティブの力で事業会社とスタートアップの協業・変革を支援するサービスの提供を開始
電通デジタル、「トランスフォーメーション領域」を新設 DXによる企業の事業モデル変革支援事業の強化へ
セラク、NTTデータと協業 Salesforce定着化支援を起点としたビジネス変革支援サービスを開始
博報堂DYホールディングス、クリエイティブ領域のDX推進を目指し研究開発組織「beat」を発足
インテージら3社、オルタナティブデータ領域における新サービスの共同研究開発をスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/05 17:00 https://markezine.jp/article/detail/39384

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング