SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYホールディングス、クリエイティブ領域のDX推進を目指し研究開発組織「beat」を発足

 博報堂DYホールディングスは、グループ横断型の研究開発組織「Creative technology lab beat(クリエイティブ・テクノロジー・ラボ・ビート)」を発足した。

 同組織では、AI技術などのテクノロジー活用により「審美」の量的・質的効果を追求する基礎研究や応用研究を産学連携で推進。加えて研究成果に基づくプロトタイプの開発や、それを活用したクリエイティブ制作における新しいワークスタイルの研究・開発を進めていく。

 第1弾のプロダクトとして、検索連動型広告のクリエイティブ制作をAI技術によって支援する「H-AI SEARCH(エイチ・エーアイ・サーチ)」を、同組織に参画するアイレップが開発。このプロダクトではアイレップが広告運用支援を通じて蓄積した広告文・運用データを基に、広告テキストを自動生成し配信効果を事前に予測する。

【関連記事】
博報堂DYMP、テレビとデジタルの統合管理を強化 Googleのツール/データと連携したサービス提供
博報堂DYHD、Splinkと提携 ヘルスケア領域で生活者体験サービスなどを共同開発
博報堂DYMPらが「イグニカサイネージサービス」を販売開始 決済アプリへの広告配信も可能に
アイレップ、企業のマーケティング担当者のためのオンライン学習サービスを開始
アイレップ、テレビCMの効果を可視化する分析プラットフォームを正式リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/14 16:30 https://markezine.jp/article/detail/38125

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング