SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、「トランスフォーメーション領域」を新設 DXによる企業の事業モデル変革支援事業の強化へ

 電通デジタルは、DXによる企業の事業モデル変革支援事業をさらに強化すべく、2022年1月に「トランスフォーメーション領域」を新設し、DXスペシャリスト420名体制で運営を開始した。同領域は設立以来約6年にわたり推進してきたDXおよびデータテクノロジーコンサルティングの専門部門を統合改編したものだ。

 同部署は、事業構想を絵に描いた餅で終わらせないために「イネーブラー(新たな社会を構想し具現化する人)」と定義。クライアント企業ごとに専門チームを組成し、プロジェクトごとにビジネス×体験×ITを統合する知見を持つトランスフォーメーションディレクターが伴走する。

 これにより、電通の組織をまたぐ共通言語となる優れたサービスや顧客体験の創造と、その橋渡しとなる新たなプロセスやテクノロジー基盤のデザインや導入をワンチームで行い、既存事業の進化と高度化と自社らしい新規事業創造といった「両利きの経営」の実現を目指す。

【関連記事】
電通デジタル、Webサイトの情報過多などを解決する「UI/UX Diet Circuit」を開始
電通デジタル、デジタルサービス開発を行うための実践型研修プログラムの提供を開始
電通デジタル、UXに強い組織づくりのノウハウを型化した「UX組織開発プログラム」を提供
デジタルネイティブ世代の「自己表現消費」傾向が強化/消費行動3フェーズの特徴【電通デジタル調査】
電通デジタルとアサヒビールが合弁会社「スマドリ」を設立 デジタルでお酒の飲み方の多様性を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/18 16:00 https://markezine.jp/article/detail/38375

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング