SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

金融デジタルサービスの利用実態、若年層は「スマホ完結」50代以上は「セキュリティ」を重視/アドビ調査

 アドビは、銀行および証券口座を保有する国内の20~60代の男女計1,000人を対象に「金融デジタルサービス利用実態」に関する調査を行った。

デジタルサービスの利用はコロナ禍で大幅増

 デジタルサービスの利用頻度が高くなった時期を調査。新型コロナウイルスの影響で外出が制限された2020年、2021年に着目してみると、銀行では46%、証券では54%の人が同時期に「利用頻度が高くなった」と回答した。

約8割が証券のデジタルサービス利用に前向き

 デジタルサービスの利用意向を聞く質問では、調査対象者の80%が証券のデジタルサービスを「利用したい」と考えているのに対し、銀行の場合は67%に留まった。

【クリック/タップで拡大】

 また「投資」「口座開設」など証券の全デジタルサービスにおいて、7割以上の人が「利用している」と回答。一方、銀行では半数近くのサービス利用率が5割未満に留まった。中でも「融資/ローン」の利用率は13%と、他のサービスに比べ大幅に低い結果に。

サービス利用時に重視する点、世代間で違いが

 金融デジタルサービスの利用時に重視する点を調査。その結果、20~30代では「スマートフォンだけで完結できる」「写真・本人確認書類等のデジタル対応」の割合が高く、50代以上では「セキュリティ」の割合が最も高かった。

【クリック/タップで拡大】

 また、40代・50代・60代以上の女性では「申し込みや操作手順の少なさ」を挙げる人の割合が約4割を占め、UI/UXを重視していることがわかった。

【調査概要】
方法:インターネット調査
対象:銀行口座保有者500人、証券口座保有者500人の計1,000人(男女および20~60の年代で50人ずつ均等割り付け)
期間:2022年6月8日(水)~2022年6月13日(月)

【関連記事】
行動制限緩和後の消費行動、若年層では「貯蓄」「投資」「自己研鑽」に投資意向示す【日経リサーチ調査】
アドビが米国で調査/対象者のうち、Z・ミレニアル世代の半数がARを用いた購買体験に「興味あり」
夏休みの旅行の予算、昨年比増が4割【ONE COMPATH調査】
2022年上半期の若者トレンド、男女ともに「SPY×FAMILY」が急上昇【LINEリサーチ調査】
半数が消費行動を「変える」意向/“タイパ”意識した商品選びが肝に【タイムカレント調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/15 17:45 https://markezine.jp/article/detail/39681

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング