SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コロナ禍前後で10代の3割がAmazon利用頻度増加/利用頻度は月1回が最多に【ウブン調査】

 ウブンは、コロナ禍前後における消費者のAmazon利用状況に関するインターネット調査を実施した。

 以下、一部内容を紹介する。

コロナ禍でAmazonの利用増加 月1回が最多に

 まず、コロナ禍前後におけるAmazonの購入頻度を尋ねた。コロナ禍前は2~3ヵ月に1回程度Amazonを利用する人が最も多かったが、コロナ禍以降は月に1回が最多となった。

 一方で、コロナ禍前後のひと月あたりの購入金額はあまり変化がなく、1,000円未満は微増し5,001~10,000円は微減した。

10代の3割が利用頻度増加

 次に、年代別にコロナ禍でAmazonの利用頻度が増加したかどうかを調べた。10~30代はコロナ前と比較して、利用頻度が増加したユーザーが20%以上いる結果となった。中でも10代の利用頻度の増加が30.6%と、最も多い結果が出た。

全年代でコロナ禍以降における日用品の購入が増加

 コロナ禍になってからAmazonで購入するようになったものについて聞くと、15~29歳の若年層が化粧品を購入する傾向が見られた。また全年代において、コロナ禍以降に日用品をAmazonで購入するようになった人が10%以上という結果が出た。

男性のガジェット・PC関連用品の購入割合は女性の2倍に

 男女別で行った調査からは、男性のほうが家電、スポーツ・アウトドア用品、ガジェット・PC関連用品をよく購入する傾向が出た。特にガジェット・PC関連用品については、男性は男性全体の15.0%と、女性の倍近い割合となった。

主要都市より地方で利用頻度が増加

 最後に、主要都市(東京、名古屋、大阪、福岡)とそれ以外の地方の違いを調査した。コロナ禍になってからAmazonで購入するようになったものとして、主要都市よりも地方のほうがアパレルやペット用品の割合が高い結果が出た。

 Amazonの利用頻度が増加したユーザーは20%前後で、主要都市より地方のほうがわずかに高かった。

 2022年はコロナによる行動制限が落ち着いてきているが、同調査ではAmazonを利用するユーザーの9割程度は「利用頻度が増加」あるいは「変化なし」と答える結果となった。

【調査概要】
調査期間:2022年7月11日(月)~2022年7月14日(木)
調査方法:インターネット調査
調査対象:Amazonを1回以上利用したことのある日本全国15歳~70歳の男女
有効回答数:1,000サンプル(有効回答から1,000サンプルを抽出)
協力調査機関:ジャストシステム

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
Amazonのマーケティング支援SaaS「Ubun BASE」、導入数が半年で500アカウントを突破
DMT、EC用ダッシュボードに楽天市場APIを連携 Amazonのデータとの統合管理が可能に
Amazon、ヤマト運輸と自社出荷を行う事業者を対象に「マーケットプレイス配送サービス」の提供を開始
Amazonとライフコーポレーション、生鮮食品の最短2時間配送サービスにおいて対象エリアを拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/26 08:45 https://markezine.jp/article/detail/39807

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング