SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2022 Autumn(AD)

N=1の顧客を捉え、売上を上げるための「アーンドメディア」活用のポイントとは?

 ペイド/オウンドメディアと比べ、いまだ企業の投資が限定的で、活用しきれている企業が少ないのが「アーンドメディア」だ。9月7日・8日に開催された「MarkeZine Day 2022 Autumn」に登壇したMicoworks COOの八重樫健氏は、「本質的に顧客とつながることができるアーンドメディアの活用は、今後BtoC企業にとって必須となる」と述べる。本稿では、アーンドメディアに取り組むべき理由やLINEを活用した事例が紹介された同講演をレポートする。

なぜ今アーンドメディアに注目すべきか?

 マーケティングにおけるメディアは、ペイド(paid)、オウンド(owned)、アーンド(earned)の大きく3つに分類できる。このうち現在企業の投資配分の95%を占めると言われているのがペイドメディアだ。テレビCM、雑誌/新聞広告、インターネット広告などで、未顧客の認知向上に用いられることが多い。オウンドメディアはブランドや企業のサイトでのコンテンツ、メルマガ、自社アプリなどで、主として既存顧客向けとなる。投資配分は4%程度だ。

 これらに対し、アーンドメディアはLINE、Instagram、TikTokなどSNSやブログを用いる。未顧客の顧客育成、既存顧客に向けたマーケティングに適しているが、現状では企業のアーンドメディアへの投資は限定的で、活用しきれていない企業がほとんどであると八重樫氏は述べる。

 「アーンドメディアへの投資配分は1%未満。ペイドメディアに割いているマーケティング投資を少しでもアーンドメディアに回せば、マーケティング全体のROIはもっと効率化できるはずですので、非常にもったいないと言える状況です」(八重樫氏)

当日の投影資料より(以下、同)

 アーンドメディアを重視すべき背景として、八重樫氏は、紙→Web→ソーシャルと顧客接点が変化していることを挙げる。顧客の可処分時間・接点がソーシャルに移行する中で、BtoC企業にとっては、顧客から選ばれるためにソーシャルでの接点構築が必然となる。

 また、この状況に追い討ちをかけるのが、昨今のサードパーティCookie廃止の動きだ。「データを使ってお客様と繋がったり、出し分けたり、より適切なコミュニケーションをすることが広告媒体では難しくなる」と八重樫氏。「サードパーティCookieの代替手段として明確な答えはないが」と前置きしながら、「ファーストパーティデータの効果的活用、ソーシャルメディアの活用がマーケターの課題になっている」と説明する。

 代替手段としてはアプリやメルマガも考えられるが、アプリはダウンロードをしてもらう必要がありハードルが高い。リテンション率も、3ヵ月後には18%になると言われている。メルマガも開封率は15%、本文のリンクをクリックする比率になると、わずか2%にまで下がる。

 合わせて、顧客育成とフォローの領域において、BtoBではMarketo、HubSpot、Salesforce、Zendeskなどのソリューションがあるのに対し、BtoCでは明確なソリューションがない点も指摘する。

 「顧客接点がソーシャルに流れていっているのに対し、LINE、Instagram、TikTokなどを使って顧客育成をすることができていない。ここを活用する余地は大いにあります」(八重樫氏)

次のページ
マーケティングツールとしてのLINEの魅力

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2022 Autumn連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

フリーライター

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/19 10:00 https://markezine.jp/article/detail/40101

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング