SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

消費者視点でSDGsへの取り組みを評価/情報・教育業界における1位はヤフー【ブランド総合研究所調査】

 ブランド総合研究所は、国内企業260社のSDGsに関する取り組みやESG活動を消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2022」を実施。全対象企業のうち、情報・教育業界グループ計25社のSDGs評価ランキングを発表した。

 ランキングの指標である「SDGs評価点」とは、生活者に対し「あなたは各社がSDGsへの取り組みをしていると思いますか」と質問し、5段階で回答してもらった結果を加重平均し算出したものだ。

1位は「ヤフー」続いて2位は「TDR」3位は「NTTドコモ」

 情報・教育の業種グループのトップは「ヤフー」となった。2位は「オリエンタルランド(TDR)」3位は「NTTドコモ」という結果に。

 SDGsのゴール別にトップ3の企業の特徴を見ると、ヤフーでは「17.パートナーシップで目標を達成しよう」の評価が最も高く、全260社中3位だった。2位のオリエンタルランド(TDR)においては「16.平和と公正をすべての人に」の評価が260社中1位という結果に。3位のNTTドコモでは「10.人や国の不平等をなくそう」の評価が260社中4位と高評価を得た。

【調査概要】
方法:インターネット調査
対象:47都道府県の登録調査モニター(20歳以上)から年代・性別に均等に回収
総回収数:計2万6,000人(各社1,000人となるように回収)
有効回答数:計2万2,554人(各社の回答者数は831~905人)
時期:2022年7月27日(水)~2022年7月30日(土)

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
生活者の6割以上がUGCを信頼/最も購買行動に影響を与えるのは「テキスト形式」【Letro調査】
Z世代の半数が社会的課題に関心/約7割が取り組む企業へ好印象【SHIBUYA109 lab.調査】
SDGsを巡る購買行動/10代においては意識の高い層と低い層の両極化が浮き彫りに【博報堂調査】
メタバース要素を持つゲーム/プレイした経験が「ある」と答えた人は26%【クロス・マーケティング調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/30 10:30 https://markezine.jp/article/detail/40160

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング