SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー・データソリューション、店舗の人流データを活用した分析機能の提供へ

 ヤフーの事業者向けデータソリューションサービスは、「施設来訪者分析」の提供を年内に開始する。同機能は、飲食店や小売店などの時間帯・曜日別の推計来訪者数、性別・年代の傾向、来訪元の市区町村などを分析できる。

クリックして拡大
クリックして拡大

 具体的には、同社の提供する「DS.INSIGHT」の人流データ分析ツール「DS.INSIGHT Place」内の新機能として提供。ユーザーは、調べたい店舗・施設名を入力するだけで、その店舗の時間・曜日別の推計来訪者数や、性・年代別の傾向、来訪元の市区町村(町丁)、他に訪れる傾向がある店舗などの分析が可能となる。

 さらに、テーマ別にまとめたデータを定期的に提供する「DS.DATASET」において、任意のエリアごとの滞在人口や来訪元・移動先の市区町村といったデータの提供を開始。分析基盤と連携するなどの活用ができる。

【関連記事】
ヤフー、デジタル広告事業における審査基準などの情報を集約した特設サイトを公開
「NATO」「ガクチカ」「CSR」……よく検索されるカタカナ・アルファベット語は?ヤフーが調査
【耳から学ぶ】コトラー氏が語るマーケティングの5つのキーワード/ヤフーら、データクリーンルーム提供へ
ヤフーとトレジャーデータ、両社のデータを活用したデータクリーンルームを2023年春頃に提供
ヤフー、2021年度は約1億3千万件の広告素材を非承認に  アカウント審査基準公開など対策を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/06 16:30 https://markezine.jp/article/detail/40209

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング