SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

生活者の時間帯ごとの行動、平日夜の21時30分に自由時間になる人が最多【CCCMK総研調査】

 CCCMKホールディングスのシンクタンクであるCCCマーケティング総合研究所は、「時間と場所に関する調査」を実施し、結果を発表した。

 同社は、生活者の行動時間、行動場所の変化を知るために2021年6月から定期的に「時間と場所に関する調査」を実施。今回は2022年9月に実施した調査結果より、「1日の行動と時間帯」について発表された。

平日昼の12時の行動、39.6%が「食事」、32.8%が「仕事」

 平日の昼12時では、「昼食を食べる」が39.6%と最も多くなり、「仕事」が32.8%と続く。他には「昼食の準備、調理、片付け」が17.3%だが、それ以外は1割に満たず、平日の昼12時は多くの人が食事に関わることや仕事を行っていることがわかった。

 一方、平日の夜19時は「夕食を食べる」が28.8%で最も多かったものの、他には「夕食の準備・調理・片付け」「自由時間」「仕事」などが10%台となり、行動は分かれている。

平日の昼の時間の行動(n=2536、複数回答)
平日の昼の時間の行動(n=2536、複数回答)
平日の夜の時間の行動(n=2536、複数回答)
平日の夜の時間の行動(n=2536、複数回答)

 平日の「自由時間」は職業により異なる傾向

 下記のグラフは、平日夜18時以降の時間帯で「自由時間」と回答した割合を職業別に表示している。夜19時の行動では「自由時間」が16.6%となった。

 全体では「自由時間」の回答が最も多い時間帯は21時30分だった。この前後の21時と22時、22時30分の4つの時間帯が「自由時間」と答えた人が4割以上となっている。

 職業別に見ると、無職男女、専業主婦では21時30分よりも前の時間帯に「自由時間」とする人が半数を超えている。男性会社役員・会社員・公務員は21時30分と22時台、女性会社役員・会社員・公務員は22時台、学生男女は22時30分と23時台が高くなっている。職業によって自由時間の時間帯が異なる様子がうかがえる。

平日夜の自由時間
平日夜の自由時間(n=2536、複数回答)

【調査概要】
地域:全国
方法:インターネット調査(Tリサーチ)
対象:男女16~79歳のT会員
有効回答数:2,536サンプル
期間:2022年9月9日~2022年9月15日
実査機関:CCCマーケティング(現:CCCMKホールディングス)

【関連記事】
CCCマーケティング総研、2022年8月の「産業動向レポート」「産業天気予報」を発表 
CCCマーケティング総研、「道の駅」利用動向調査にTポイントのデータを活用 拓殖大学の取り組みを支援
CCCら、蔦屋書店などの実店舗とT会員データを連動させた「顧客体験メディアプラン」の提供へ
SMBCグループとCCCグループが資本・業務提携に合意 新たなポイントブランド創出目指す
生活者の6割以上がUGCを信頼/最も購買行動に影響を与えるのは「テキスト形式」【Letro調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/26 09:00 https://markezine.jp/article/detail/40399

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング