SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCCら、蔦屋書店などの実店舗とT会員データを連動させた「顧客体験メディアプラン」の提供へ

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)とCCCMKホールディングス(以下、CCCMKHD)は「蔦屋書店」「TSUTAYA」などの実店舗とT会員データを連動させたコミュニケーションパッケージ「顧客体験メディアプラン」の提供を2022年10月3日(月)より開始した。

 CCCは蔦屋書店、TSUTAYAおよび蔦屋書店を中核とした生活提案型商業施設「T-SITE」を全国に約1,000店舗展開。一方、CCCMKHDは約7,000万ものT会員のシングルIDやオフライン・オンライン上の行動データ、メディア接触データなどを保有する。

 今回提供を開始したサービスでは、全国の蔦屋書店、TSUTAYA、T-SITEを企業の商品・ブランドプロモーションの場として提供。利用企業は、自社の商品やブランドにマッチした店舗を選んだ上で、商品の店頭展示や販売・イベント開催・サンプリングなどに活用できる。

 また、CCCMKHDが提供する広告メディアやマーケティングソリューションと組み合わせた活用も実現。T会員に向けたWeb広告の配信や、プロモーションの効果測定、利用者のライフスタイル分析などを可能にする。

 活用の一例としては、ハウスメーカーなどを対象とした「POPUPショールーム展開プラン」がある。利用企業は店舗においてショールームを展開し、ブランドの体験機会を創出。来場者にTポイントを付与することで顧客データを取得し、DMを通じて店頭および住宅展示場への来店を促せる。

【関連記事】
SMBCグループとCCCグループが資本・業務提携に合意 新たなポイントブランド創出目指す
CCCマーケティング総研、2022年7月の「産業動向レポート」「産業天気予報」を発表 
GMO NIKKO、メタバース空間でのバーチャル店舗出店・運営を支援するサービスを開始
CCCマーケティングとトレジャーデータ、生活者インサイトの理解を助ける情報プラットフォーム提供開始
実店舗データとdポイントクラブの会員基盤などを活用し、販促の有効性を分析 NTTコムらが実証実験へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/05 13:15 https://markezine.jp/article/detail/40088

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング