SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アタラ、「データ活用トレーニングサービス」「BIツール事前データ環境評価サービス」提供開始

 アタラは10月25日、「データ活用トレーニングサービス」と「BIツール事前データ環境評価サービス」の提供を開始した。

 同サービスは、同社がこれまで蓄積してきたデータ活用ノウハウを活かし、データ活用の成功と失敗の分岐点にある課題を解決、軌道に乗せるために支援を行うもの。

 2つのサービスを利用することで、企業は自社の課題に照らし合わせてデータ活用の適性を判断でき、自社に合ったデータ活用の具体的な方法を手にできる。データ活用の成否を左右するBIツールやETLツールについても、自社に適したものを選定できるようになる。「データ活用に取り組みたいけれど、何をしたらいいか分からない」といった企業に最適なサービスとなっている。

 両サービスの概要は以下の通り。

データ活用トレーニングサービス

 データ活用の一連の流れを体験するサービス。データ活用の目的や具体的な取り組み内容、必要なデータの基礎知識が得られる。BIツールを使って、サンプルデータの加工・整形から可視化・分析までを行う。

サービス詳細

回数:2回(2日間)
時間:2時間
内容:Day1(座学形式)

  • データ活用とは?
  • データ活用・可視化に適したデータとは?

Day2(BIツール「Domo」のトライアル環境を使ったハンズオン形式)

  • 仮想シナリオに沿って、BIツールを使いサンプルデータを加工・整形後、可視化

価格:55万円(税込)

BIツール事前データ環境評価サービス

 データ活用に必要なデータ環境を評価し、課題点を提示、解決するために必要な準備やサポートを行うサービス。データ活用に必要な自社データの課題や必要な準備が明確になる。自社データの可視化や分析をシミュレーションする。

サービス詳細

  1. 要件定義・確認:ヒアリングの上、BIでの可視化に必要なデータや要求の整理
  2. データ確認:実際のデータを見て、スキーマ構成、テーブル数、ひも付けのキーを確認
  3. 課題点整理:今後のデータ活用に必要なプロセスなどを提示
  4. サンプルデータ作成・可視化:仮のデータを作成し、BIツールでのサンプルグラフを作成

価格:99万円(税込)

【関連記事】
日本企業のデータ活用、「十分な成果と評価」したのは約2%【Gartner調査】
アドビ、「Adobe Real-Time CDP」の新機能を発表 ファーストパーティデータ活用を支援
博報堂らが「DATA GEAR Connect」を提供開始 データ活用基盤の構築などを支援
ADK MS、UNCOVER TRUTHと協業 1stパーティデータ活用支援サービスの提供を開始
アタラの運用型広告レポート作成支援システム、Amazon広告とApple Search Adsに対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/27 10:00 https://markezine.jp/article/detail/40418

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング