SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドビ、「Adobe Real-Time CDP」の新機能を発表 ファーストパーティデータ活用を支援

 アドビは、顧客データプラットフォーム「Adobe Real-Time CDP」の新機能を発表した。

 同サービスは、企業のサードパーティクッキーからファーストパーティデータへの移行を支援する顧客データプラットフォームだ。今回新たにリリースした機能は、以下の4種類。

 1つ目は、Adobe Commerceとの連携機能。同システムを導入している企業は、「顧客プロファイルの精緻化」によりファーストパーティデータ収集とReal-Time CDPやその他のAdobe Experience Cloudアプリケーションを連携できる。これにより企業は、精緻な顧客データを活用し、パーソナライズすることが可能となる。

 2つ目は、リードとアカウントの予測スコアリング機能だ。企業は、AIを活用したターゲティングにより、販売機会につながりそうな個人やアカウントを特定し、より効率的なパイプラインの構築ができる。

 3つ目は、プライバシーとセキュリティ機能の強化および個人のヘルスデータの安全活用ができるアプリケーション「Healthcare Shield」。これにより、ヘルスケア企業はPHI(個人の健康情報)を含む個人データを安全に活用することができる。またアドビは、暗号化の制御、同意ポリシーの実施、属性レベルのフィールドまでのデータアクセス制御といった、顧客データを管理するプライバシーとセキュリティの機能強化も行った。

 4つ目は、「セグメントマッチ」機能だ。同機能により企業は、複数のチャネルをまたいだオーディエンスデータの管理と有効化が可能となる。また、アドビのガバナンスおよび同意ツールを使い、オーディエンスデータの収集方法と使用目的を管理・実行することができる。

【関連記事】
アドビ、Adobe Analyticsに特化した学生向けカリキュラムの提供をグローバルで開始
アドビ、「Adobe Journey Optimizer」を国内でも提供開始 CDPとの機能連携も
Contentservとアドビ、Adobe Creative Cloudの新たな統合機能を提供
アドビ、顧客体験管理のための「Adobe Experience Platform」の国内提供を開始
アドビ、Sansanら国内外の先進企業がカスタマーサクセスの最新トレンドと事例を語る【参加無料】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/16 18:15 https://markezine.jp/article/detail/39229

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング