SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE・ヤフー・PayPay、オンオフ横断した「マイレージ型販促プラットフォーム」を来春提供へ

 12月13日、LINEと、ヤフー、PayPayは、マイレージ型の販促プラットフォーム「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージ」の2023年春からの提供および、「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPay販促コンソーシアム」の設立を発表した。

LINE 代表取締役社長 出澤剛氏(左)、ヤフー 代表取締役社長 小澤隆生氏(中央)、PayPay 代表取締役社長 中山一郎氏(右)
LINE株式会社 代表取締役社長/Zホールディングス株式会社 代表取締役Co-CEO Markering & Sales CPO 出澤剛氏(左)、ヤフー株式会社 代表取締役社長 社長執行役員CEO 小澤隆生氏(中央)、PayPay株式会社 代表取締役 社長執行役員 CEO 中山一郎氏(右)

 「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージ」は、参加するメーカーの対象商品をオフラインでは対象店舗にて「PayPay」の決済で、オンラインでは「Yahoo! 履歴に基づいた情報が届くため、買い物体験の向上が期待できる。

サービス概要
サービス概要

 同取り組みにより参加企業は、ユーザーのオフラインとオンライン双方での購買や行動の傾向などを掴め、購買データを活用して3社のプラットフォームを利用した販促の実行が可能。従来のスポット型キャンペーンと比較して販促コストを抑えられる上に、LTV(顧客生涯価値)の最大化を実現し、ロイヤルカスタマーの増加が考えられる。

 オフラインでは、消費者がどこで、何を購入しているか把握できず、購入者への継続的・効果的なマーケティング活動が難しい。ヤフー代表取締役社長の小澤隆生氏は、「オフラインでの消費者のデータをしっかりと獲得するためにこれまで『PayPay』に投資してきました」と語り、新たな販促プラットフォームへの意気込みを見せる。

 さらに、同取り組みでは従来のようにユーザーがキャンペーンに参加する必要がなく、購入するだけで施策に参加が可能なため、企業はキャンペーン用にシールを貼るなどのコストの削減も期待できる。

サービスのUI(イメージ)
サービスのUI(イメージ)

 また、「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPay販促コンソーシアム」は、メーカー企業へのCRM機能の提供と、リアルタイムでのPOS連携に向けて、3社と参加企業間で協議するもので、「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージ」提供開始時には10社以上が参加予定。

 さらに「PayPay」は、これまで加盟店向けに提供してきた「PayPayクーポン」の新機能として「商品クーポン(仮)」を2023年5月以降に提供予定。

 これまでの加盟店ごとのクーポンとは違い、同クーポンは商品ごとに発行する。ユーザーがアプリ上で事前にクーポンを取得し、対象店舗にて特定の商品を購入すると「PayPayポイント」が付与される。メーカーは同アプリでクーポンを発行することで、その時期に注力して販売したい特定の商品をユーザーに訴求することが可能になる。

 同連携により、月間利用者数約9,300万人のコミュニケーションアプリ「LINE」と、月間利用者数約5,500万人を抱える「Yahoo! JAPAN」、登録利用者数約5,300万人の決済およびポイントサービスを提供する「PayPay」が、それぞれの強みを活用し、売上1,000億円規模を目指す。そして店舗とECを横断した販促プラットフォームとして、購買データを活用した継続的で効果的な販促を行っていく。

【関連記事】
PayPayモール、2022年10月に「Yahoo!ショッピング」へ統合
Yahoo!広告、レスポンシブディスプレイ広告の提供開始
Zホールディングスグループのアスクル・出前館・ヤフー、食料品や日用品のクイックコマースを本格展開
DNP、読売新聞東京本社、SMNが広告ビジネスで協業 マス3媒体を横断するデータマーケティング実現へ
ジオテクノロジーズが「トリマ広告」を提供開始 人流分析×属性データでダイレクトな広告配信が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/14 10:33 https://markezine.jp/article/detail/40825

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング