SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第95号(2023年11月号)
特集『「知らなかった」では済まされない、法規制とマーケティング』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ジオテクノロジーズが「トリマ広告」を提供開始 人流分析×属性データでダイレクトな広告配信が可能に

 11月30日、ジオテクノロジーズは、M2Eアプリ「トリマ」を用いたジオマーケティングソリューション「トリマ広告」の提供開始を発表した。

同社アプリケーション事業統括 豊田俊作氏(左)とCMOマーケティング統括 水島剛氏(右)
発表記者会見の様子。同社アプリケーション事業統括 豊田俊作氏(左)とCMOマーケティング統括 水島剛氏(右)が応じた。

 同アプリは歩く、走る、移動する事で報酬を獲得するM2E(Move to Earn)のコンセプトのもと、2020年10月にローンチ。現在ではダウンロード数1,200万を突破し、月間アクティブユーザー数は400万人を超える。

 今回発表したトリマ広告は、同アプリのユーザーに向けてダイレクトな広告配信とその運用ができる広告ツール。ターゲット層や広告の目的に応じて次の4種類のメニューが用意されている。

  • トリマ広告ダイレクト(旧:トリマクーポン)

    トリマのアプリ内でお知らせやクーポン等の情報を配信することが可能。届けたいユーザーの居住地/勤務地のエリアを地図から選択できるため、属性からのターゲティングだけでなく、訴求したい店舗の近隣の居住者・勤務者などを狙ったよりダイレクトなリーチができる。

  • トリマ広告ジオプッシュ
    店舗や最寄り駅などを中心とした任意のエリアが設定でき、そのエリア内に入ったユーザーにプッシュ通知広告を配信する。観光地を訪れるユーザーへの集客目的の広告に活用できる。

  • トリマ広告プレミアム
    アプリ内の広告枠に広告を配信可能。バナー広告、レクタングル広告、リワード動画広告、カスタマイズタンク、オリジナル着せ替えなどの広告枠により認知拡大を見込める。エリアや属性によるターゲティングも可能なため、広告の無駄打ちを避けられる。
  • トリマ広告アンケート
    トリマのアンケート内でプロモーションを行い、商品・サービスへの興味を喚起し、理解を深めることが可能。アンケートモニターは、住所や属性情報だけでなく、来訪歴や滞在歴など、任意の場所にいた事実に基づいて抽出できる。

 記者会見に応じた同社CMOの水島氏は、トリマ広告を提供する背景を語った。従来のマーケティング施策について、次の3点を指摘する。

 1つ目がオフライン施策の効果検証の難易度の高さだ。たとえばTV広告はコネクテッドTVの普及もあり、効果検証が可能になってきているが、その他の多くのオフライン施策においては、依然として難易度が高い。2つ目がOMOのアプローチに適した統合的なマーケティングソリューションが少ない点。そして、3つ目がデジタル広告のターゲティング精度の問題で、無駄打ちが多く発生していることだ。

 トリマ広告では、人流分析の調査によってオフラインのユーザー行動まで把握できるため、特定のエリア、時間を指定した広告配信やその効果測定が可能となり、広告の無駄打ちを減らすことができるという。

【関連記事】
シスコとunerry、人流ビッグデータでショッパーの可視化やデジタル集客が可能に
パシフィックコンサルタンツ、ヤフーと連携し検索データ×人流データを活用した非来訪客の実態把握を可能に
ヤフー・データソリューション、店舗の人流データを活用した分析機能の提供へ
体験型ストアb8ta、来店顧客の行動分析における実証実験を開始 顔認識システムを用い人流の属性を計測
楽天、1億以上の会員情報を活用した運用型広告プラットフォーム「RMP - Connect」の提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/02 10:00 https://markezine.jp/article/detail/40723

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング